アルペン×エバラ「横浜舶来亭カレーフレーク」で作る!絶品カレーうどん | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アルペン×エバラ「横浜舶来亭カレーフレーク」で作る!絶品カレーうどん

    2022.11.19

    アルペンがエバラとコラボした、キャンプで使えるカレーフレーク

    今回ご紹介するのは、アルペンアウトドアーズが食品メーカー「エバラ」とコラボした、マイキャンプシリーズの「横浜舶来亭カレーフレーク」。

    「キャンプで使えるカレーフレーク」をキャッチコピーに、20種類以上のスパイス・ハーブが配合された、手軽に本格的な洋食レストランの味を楽しむことができる商品です。

    横浜舶来亭カレーフレーク

    小容量タイプで使いやすい。

    ご覧のとおり持ち運びしやすい90gの小容量で、キャンプでも使いやすいパックになっています。

    横浜舶来亭カレーフレーク

    細かいフレーク状になっています。

    フレーク状のため溶けやすく調理時間も短く済むので、普通のカレーはもちろん、いろいろなレシピに利用できる優れもの。

    という訳で、今回はこちらの横浜舶来亭カレーフレークを使用して、簡単に作れる絶品カレーうどんをご紹介します。

    横浜舶来亭カレーフレークで作るカレーうどんのレシピ

    横浜舶来亭カレーフレークで作るカレーうどんの材料

    こちらが今回使用した材料です。

    材料(2~3人分)

    • うどん(袋麺) 360g
    • サラダチキン(プレーン) 1個(100g)
    • にんじん 1/2本(約60g)
    • しめじ 100g
    • 水 600ml
    • めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1
    • 横浜舶来亭カレーフレーク 1袋
    • 刻みネギ 適量

    お肉はサラダチキンを利用して調理の手間を省きます。時短ながらも、にんじん・しめじのうま味、めんつゆのコクを利用して本格的な味わいに。

    では、さっそく作り方をご紹介!

    横浜舶来亭カレーフレークで作るカレーうどんの作り方

    にんじんは短冊切りにする

    甘みが生きてきます。

    まずは、にんじんを短冊切りにしましょう。ゴロッと大きく切るのもおいしいですが、今回は調理時間を短くするため短冊切りに。さらに短冊切りはうどんにもよく絡んで、根菜独特の甘みもプラスしてくれるのでおすすめです。

    しめじをほぐす

    手でほぐすと無駄がありません。

    しめじは中央から引き抜くようにして、石づきを取ってほぐしましょう。和洋中どんな味付けにも合うしめじは、カレーうどんとも相性バッチリです。

    サラダチキンは薄切りにする

    こちらはトッピング。

    トッピングとして使用するサラダチキンは薄切りにしましょう。しっとりとした食感は、そのままでもカレーうどんによく合います。

    調理の手間を省けるのはもちろん、簡単にタンパク質をプラスできるのも嬉しいですね。

    水、にんじん、しめじをクッカーに入れて火にかける

    水から煮てうま味を引き出します。

    下ごしらえが済んだら、クッカーに水、にんじん、しめじを加えて加熱。沸騰したらうどんを加えます。

    袋麺のうどん

    今回は袋麺を使用。

    今回使用するうどんは袋麺。これは筆者の個人的な好みですが、カレーうどんのような煮込むレシピには、冷凍や乾麺よりも柔らかな食感の袋麺がおすすめ。

    煮込むと少し「クタッ」として、カレーもよく絡みますよ。

    うどんをほぐして混ぜる

    よくほぐしましょう。

    という訳で、うどんをお箸などでほぐしながら加え、弱火で2~3分煮込みましょう。うどんが柔らかくなったら一度火を止めて調味料を加えましょう。

    めんつゆ

    重要なカギを握るめんつゆ。

    今回、カレーフレークとともに仕上がりのカギを握るのがこの「めんつゆ」。めんつゆが持つ和風のうま味とコクが、カレーのスパイシーな風味とうどんの柔らかな食感の架け橋となってくれます。

    横浜舶来亭カレーフレークを加える

    ここで登場。

    クッカーにめんつゆを回し入れ、さらに横浜舶来亭カレーフレークを加えて再度弱火にし、ときどき混ぜながら5分ほど煮込んだら……

    カレーうどんの完成

    カレーのいい香り。

    カレーうどんの完成!香ばしい香りが漂って食欲をそそります。

    横浜舶来亭カレーフレークのカレーうどん

    刻みネギの緑が目に嬉しい。

    器にスープと具材、さらにうどんを入れ、切っておいたサラダチキンと刻みネギをたっぷりトッピング!

    程よくスパイシーな風味の中に、にんじんの甘みとしめじのうま味、めんつゆのコクが感じられて本格的な味わいです。

    横浜舶来亭カレーフレークのカレーうどん

    画像から湯気が出そう。

    ほんのりとろみのあるスープは柔らかな袋麺のうどんによく絡みます。さらにサラダチキンのジューシーな食感のおかげで食べごたえもバツグン。優しい辛みとうま味が体に染み渡る一品に仕上がりました。

    仕上げにお好みで粉チーズをプラスしたり、溶き卵を加えてかきたま風にしてもおいしいですよ。調理時間短めで作るのも簡単な絶品カレーうどん、ぜひ作ってみてください!

    私が書きました!
    筋肉料理研究家
    Ryota
    学生時代運動経験ゼロ・病気で精神病院に入院するも筋トレとお料理で立ち直り、現在は料理研究家・パーソナルトレーナーとして活動中。企業やメディアへのレシピ提供を行う傍ら、ボディメイクコンテストにも出場。父方の実家は港町、母方の実家は山に囲まれていて、幼少期には海や山道を走り回っていた。自然の中で本を読むのが趣味だが、最近は料理研究家活動が忙しく、1人でキャンプめしを作って気を紛らわしている。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    ほりにし”ブラック”もう食べた?燻製風味を楽しむコブサラダレシピも紹介

    2022.12.05

    親子でキャンプ飯クッキングを楽しむ5つのポイント!野菜たっぷりカレー鍋レシピも紹介

    2022.12.04

    アマノフーズのフリーズドライがキャンプ飯にぴったり!鮭のポタージュシチューレシピ

    2022.12.02

    少ない資源で調理可能! オートミール&焼きそば麺を活用した防災レシピ6選

    2022.11.29

    マルタイの「棒ラーメン」で作る 、簡単&激ウマキャンプレシピを公開

    2022.11.27

    キャンプの油処理にはわたくしを!ナノファイバー製油吸着材「ベルサイユのわた」

    2022.11.27