人生一度はロングトレイル!サン・ウィアネイエリアから、ケベック州境へ | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 人生一度はロングトレイル!サン・ウィアネイエリアから、ケベック州境へ

    2017.02.27 インターナショナル・アパラチアン・トレイルその先のアパラチアン・トレイルへハイキングロングトレイル斉藤正史

    【その先のアパラチアン・トレイルへVol.8】

    実は、今回も釣りをしようといろいろと調べていました。

    しかし、言葉の壁もあり、なかなかチャレンジできず…。釣りをしたい気持ちを我慢して歩いていました。幸い、トレイルからアクセス可能な川に魚影もなく、無理してする必要もないのかな?と思ったりしていました。

    マンタン自然保護区からサン・ウィアネイの町までは、一部川沿いを歩くのですが、釣りポイントの表示があり、そこはサーモンの釣り場のようでした。

    僕が持っていたのは、トラウト用の#4だったのでチャレンジできませんでしたが、各ポイントで多くの釣り人が、サーモンフィッシングを楽しんでいました。

    なかには、ニューハンプシャー州から遠征して釣りに来ている人もいたので、このエリアはトラウトよりサーモン釣りが盛んな場所なんだと思います。

    ウズウズと釣りたい気持ちを抑えながら、ウィルダネスから里山に近いエリアを歩いていました。

     

    サン・ウィアネイエリア

    マンタン自然保護区から、ダートロードを中心に舗装路もミックスされた道のりでした。トレイルを示すマークが激減するのもこのエリアから。いわゆる里山のアップダウン。終始ダートロードを歩きます。照りかえす日差しの中、街路樹の下で休憩することも多くありました。予想よりもサン・ウィアネイの町は大きく、町から300m離れたリフレージは、シャワーも洗濯機も完備。鍵の管理は、町の食材屋さんでしているのですが、ここも英語が通じませんでした。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA小麦畑がルートになっている場所も。

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA永遠と続くダートロード

     

    アムキエリア

    サン・ウィアネイから、アムキまでの道のりもダートロードが中心で、多くの木材を積んだトラックが猛スピードで行きかう道も。ぬかるみのトレイルやトレイルが閉鎖になっている箇所も多く、マークも少ない道のりでした。まさに人が歩いているのだろか? と感じるような藪漕ぎに、何度か心が折れそうになりました。結局、トレイルの閉鎖エリアを歩くわけにはいかず、遠回りになるダートロードを歩く羽目になってしまいました。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    コサスカルエリア

    アムキから舗装路を歩き、ダートロードに入るのですが、マークがまったくないエリアでかなりのロストをする状況でした。ダートロードから里山の急斜面のエリア、そしてまたダートロードを繰り返す道。ATVのルートと一緒になっているせいか、時折爆音とともにものすごいスピードのATVに注意が必要に。これだけのダートロードを歩く事に、違和感を感じずにはいられませんでした。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERAロストしたときに助けてくれたATVライダ-

    アムキとコサスカルのリフレージは、町から程近い有料のキャンプサイトの中にあり、ハットパスポートを持っている人は
    無料で使用可能。シャワーと洗濯も出来る環境でした。

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    アムキ、コサスカルでは、あまりの足の痛みにそれぞれ2日のゼロデイ(全く歩かない日)を取りました。相変わらず、英語が通じない環境に街に降りても孤独な日々。足の痛みも日々増すばかりで、バケツに水を汲んで、痛む左足を終始冷やすだけの状況でした。そんな時、コサスカルのリフレージで、今回2人目のインターナショナル・アパラチアン・トレイルハイカーと宿を共にしたのでした。

    彼の名はロイ。モントリオールに住むハイカーでした。ロイは、アパラチアン・トレイルのNYから、ここまで歩いてきた様子でした。ロイは英語が堪能で会話も弾みました。いろいろと話していると、彼は、メイン州の一部をスキップして、ニューブラウンズウィック州に入り少し歩いた後は、ほぼ全部スキップしてここにたどり着いたそうでした。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    翌日、ロイはここコサスカルでトレイルを断念しました。

    「MASA、俺はもう歩くモチベーションが続かないよ。心も体ももう限界だ。MASAのモチベーションを教えてくれ」
    そんな会話が前日にありました。

    ロイの決断に、僕は何も言えませんでした。この先の過酷な道のりを考えると、彼の体の状態やモチベーションでは歩くのは非常に難しいと思ったからです。

    僕は、これからどんな道のりを歩くのだろうか?

    ロイのモチベーションを奪った道のりに、不安を覚え、せめてこの傷んだ足の回復してくれたらと願うばかりでした。

     

    MasaのIAT日記 7月31日2016080106 のコピー

    つづく

     

     プロフィール

     

     

     

    Profile 斉藤正史 

    山形県在住
    LONG TRAIL HIKER
    NPO法人山形ロングトレイル理事
    トレイルカルチャー普及のため国内外のトレイルを歩き、山形にトレイルを作る活動を行う。

    ブログ http://longtrailhikermasa.blog.fc2.com/
    山形ロングトレイル https://www.facebook.com/yamagatalongtrail

     

    【関連記事】

    >全米ナンバーワン自然歩道「アパラチアン・トレイル」に続編があった!【その先のアパラチアン・トレイルへVol.1】

    >海外ロングトレイルに挑戦!「歩くルート」「行程の計画」をどう立てるか?【その先のアパラチアン・トレイルへVol.2】

    >海外ロングトレイルを歩くための「旅ギア」10選 【その先のアパラチアン・トレイルへVol.3】

    >まるで映画「ロングトレイル」! カナダのフランス語圏でトラブル続出…【その先のアパラチアン・トレイルへVol.4】

    >ロングトレイルの旅は「食」が重要!「インターナショナル・アパラチアン・トレイル」を歩くための食料計画。【その先のアパラチアントレイルへ Vol.5】

    >人生一度はロングトレイル!カナダ「インターナショナル・アパラチアン・トレイル」を歩く旅ついにスタート。【その先のアパラチアン・トレイルへVol.6】

    >人生一度はロングトレイル!カナダ「インターナショナル・アパラチア・トレイル」でムースに出会う。【その先のアパラチアン・トレイルへVol.7】

     

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    キナウルの中心地レコン・ピオから、かつての夏の首都シムラーへ

    2022.12.03

    チベット文化圏スピティの村で遭遇した、収穫祭と神託の儀式

    2022.11.29

    知られざるインドのチベット文化圏、スピティへ

    2022.11.24

    学びの方法は無限!世界一周ヨット旅で子供たちの未来を育みたい

    2022.11.23

    マルチ冒険家 安東浩正さんに聞く「挑戦と無謀の境界線」【動画公開中】

    2022.11.22

    風光明媚な景色!スコットランドの天気用語をクイズ形式で解説

    2022.11.20