大物がひれ伏すパワー!DAIWAセルテートSWの魅力 | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 大物がひれ伏すパワー!DAIWAセルテートSWの魅力

    2022.10.13 フジノ・キュー

    リール

    筆者私物。

    全国各地で釣りが盛り上がってくる秋シーズン。筆者がホームとしている関西でも、各地で釣果が目立つようになってきました。

    秋シーズンは数釣り(多くの魚を釣るスタイル)を楽しむことができるのはもちろん、大物を狙うにもベストな時期となります。

    そして大物をしっかり釣り上げるためには、魚のパワーに負けないリール選びが重要です。

    そこで今回、対大物用としておすすめしたいリールが、釣り具メーカーDAIWA(ダイワ)からリリースされている「セルテートSW」です。

    セルテートSWは、荒磯や船から大物を釣り上げることを想定したリールで、強靭な巻きパワーは唯一無二。想像を超えるようなモンスター級にも対応できるリールとなっています。

    頼れる相棒になりうるセルテートSWの魅力について解説します。

    セルテートSWとは?

    リール。

    セルテートSWは対大物専用機です。筆者私物。

    セルテートSWは海での対大物を想定した、ルアー釣りに適したリールです。

    SW(ソルトウォーター)とあるように、海で快適に使用するための機能が搭載されています。

    海釣りは、どうしてもリールに塩が付着してしまい、汎用リールを使っているとリール内部に塩が混入してトラブルになることがあります。

    しかし、セルテートSWにはマグシールドという防水構造が搭載されており、ボディとローターの隙間に磁性を持つオイルの壁を作って、海水や埃の侵入をシャットアウトしてくれます。

    この機能のおかげでリールにトラブルが起きず、ストレスフリーで海釣りを楽しむことができます。

    リールの番手は、ライトショアジギングで使いやすい5000番・6000番、沖磯から大物を狙うショアジギングに適した8000番・10000番・14000番、船からマグロなどの超大物を狙うための18000番と、計6種類用意されています。

    また、巻取りパワーに特化したパワーギア、ハンドル1回転の巻取り量が多いハイギア、さらに巻取り量が増えるエクストラハイギアの3種のギア比が用意されています。

    番手によってスペックが変わるので、自分の釣りに見合ったものを選びましょう。

    適したロッドを用意しよう

    パワーがあるロッドにはパワーがあるリールを合わせてバランスを調整します。筆者私物。

    ロッドとリールの組み合わせを釣り用語でタックルバランスと呼びます。リールの性能を100%引き出すためには、このバランスが重要です。

    セルテートSWはパワー溢れるリールなので、合わせるロッドはショアジギング用の硬さがH(ハード)以上のものが適しています。

    リールのパワーに見合うロッドを選ぶことで、タックル全体のパワーが上がり、リールの性能を持て余すことなく発揮できます。

    また、キャストのしやすさという点では、ロッドにリールを装着した際、手元にしっかり重心があり、先重り感がなければ使いやすいバランスと言えます。

    このタックルバランスについては、釣具店で店員さんに相談すると最適なものをいくつか候補として選んでくれます。

    実際にロッドにリールを装着させてくれる釣具店も多いので、ロッド選択に悩んだら店員さんに頼るのもありです。

    セルテートSWの魅力

    セルテートSWには、釣りを快適にする高い技術力が詰め込まれています。

    軽快なキャストフィール

    釣り場

    キャストはロッドを軽く振るだけで、ラインがキレイに放出されていきます。

    ショア(岸)からのルアー釣りでは、沖合にルアーをキャストすることが基本です。

    そしてリールによって、キャストフィール(ライン放出の抜け感)が変わってきます。

    セルテートSWは、キャスト時にラインが滑らかに放出されていくので、気持ち良いキャスティングが行なえます。

    荒磯でもモンスター級とやりあえるパワーと性能

    釣り場。

    魚が掛かればあとはリールのパワーを信じてゴリゴリ巻くだけです。

    セルテートSWの魅力は何と言っても強靭な巻き上げパワーです。

    メートルを超えるような魚でも、リールをガシガシ巻いて、引き寄せることができます。

    そんなモンスター級にも負けないパワーを発揮できる源は、リール内部に使われているジュラルミン製のギアにあります。

    大口径高強度のギア設計が強度と軽量性を実現し、シルキーな回転が持続するにも関わらず、パワフルな巻き上げを可能としています。

    ローター(リールの回転を支える機構)は高強度軽量のZAION樹脂を使用することで、ギアから生み出されるパワーをハンドルに余すことなく伝えています。

    また、急に魚が暴れたとしても、魚の引く力に合わせてドラグ(ラインが巻かれている部分)が回転しながらジワリとブレーキを掛けるシステム(ATD:オートマチックドラグシステム)が搭載されているので、ライン切れを起こしにくく、釣り人にかかる負荷も軽くなっています。

    質実剛健な作り

    リール

    セルテートSWは質実剛健という言葉が似合います。

    セルテートSWは、DAIWA独自の技術である、ボディに直接高精度のプレートをネジ込むというモノコックボディが採用され、今までのリール構造の常識を変えたものとなっています。

    モノコックボディの恩恵は強度向上だけではなく、ボディ内部に大幅な空間余白を生み出し、より大きなギアの埋め込みに成功しています。

    ベール(ラインを巻き取る機構)はステンレス素材を肉厚にすることで高強度にし、チタン素材よりも同重量では約13倍の耐久性を実現しています。

    質実剛健という言葉がピッタリなセルテートSWは、まさしく頼れる相棒と言えるリールでしょう。

    セルテートSWでホームラン級の大物を狙いに行こう!

    釣り場

    セルテートSWは、少ないチャンスをモノにするリールです。

    釣りを嗜む者であれば誰もが思い描く、大物を釣り上げたいという夢。

    そんな来るべきチャンスにしっかり応えてくれるのが、セルテートSW!

    大物が掛かっても安心してやり取りできる、頼れるリールとなっています。

    興味がある方は、この秋、ぜひ釣具店で手に取って触ってみてくださいね!

    最後に

    初めての釣り場へ行くときは、釣り禁止の看板がないかを確認しましょう。

    釣りをする際は、ライフジャケットを必ず着用しましょう。

    磯での釣りはベスト型のライフジャケットを必ず着用し、専用のスパイクシューズを履きましょう。

    ルールやマナーを守り、誰にも迷惑のかからないよう行ないましょう。

    私が書きました!
    ソルトアングラー
    フジノ・キュー
    週末になると関西圏の海辺に突如出没するソルトアングラーライター。趣味はもっぱら海でのルアー釣り。
    Googleマップを頼りに未開拓の釣り場を求めて沿岸を練り歩き、自然の美しさと過酷さに魅了された冒険家気質な釣り人。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    埼玉・秩父「あしがくぼ渓谷国際釣場」の渓流で、はじめてのファミリーフィッシングに挑戦

    2023.11.23

    水中写真でご覧あれ! 落ち葉と同化する海の生き物たちの姿

    2023.11.20

    シェルパ斉藤「僕らがたったひとりで旅に出る理由」【野田知佑追悼リレーエッセイ 第1回】

    2023.11.19

    モンベル代表・辰野勇さんが日本人初の「国際ホワイトウォーター殿堂」入り! カヌー・カヤック普及の功績で 

    2023.11.12

    ダイソーの「本当に使える釣具」トップ10発表! 釣り好きライターが本気で評価

    2023.10.26

    晩秋まで楽しめる!初心者でも始めやすい「キス釣り」の魅力や道具、コツを紹介します

    2023.10.25

    ダイソーの釣り糸って正直どうなの?実際に使って徹底レビュー

    2023.10.22

    ダイソーの釣り竿は本当に釣れるのか?1000円の釣り竿を実際に使ってみた

    2023.10.21