CHUMS|キャリーバッグ「ドリフトウッド50ℓ」 | 日本の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • CHUMS|キャリーバッグ「ドリフトウッド50ℓ」

    2015.12.09 b*p

    キャリーバッグで旅するときに、多くの人はキャリーバッグとは別にサブバッグを機内に持ち込むハズ。

    でもそれを空港でバッグから出したり、入れ替えたり、ワタワタ…、なんてことがよくある。

    このバッグはフロントポケットが取り外せてリュックになるのだ。

    貴重品や小物を入れておけばそのまま機内にイン。

    インナーは鮮やかな蛍光イエロー、ハンドルはレッドと、真っ黒にアクセントとなる差し色がポップだ。

    【スペック】

    縦50×横33×マチ幅19㎝、約3.4㎏。容量50ℓ。ハンドルの長さ57㎝。デイパックは縦47×横29×マチ幅9㎝、450g。ナイロン、アルミニウムほか。中国製。※航空機関によっては持ち込みできない場合もあります。

    ★CHUMS/チャムスについて
    コロラドリバーでラフティングのリバーガイドをしていたマイク・タゲットにより設立。1983年に愛犬チャムリーの名前をヒントに、チャムスというブランド名になる。マスコットのブービーバードは、ペンギンではなくカツオドリ。海に潜ることも、飛ぶこともできる。環境保護活動も積極的で、一部の商品製造の電力はバイオマス発電によりまかなわれている。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 日本の旅 』新着編集部記事

    ファミリーにおすすめ!「晴天率80%」の長野スキー場なら子供とスノボ三昧だ

    2023.02.01

    寒い季節の内房といえば「夕陽ハント」と「水仙」。春先取りの千葉県鋸南町を旅してきた

    2023.01.19

    日本最南端の島「波照間島」に魅せられたシェルパ斉藤、18年ぶりの再訪!

    2023.01.06

    2022年最後の伊豆へ。グルメと温泉と絶景を味わいながら仲間たちと忘年!

    2022.12.29

    栃木・那須高原のおすすめ立ち寄りスポット4選と絶対買うべしお土産3選

    2022.12.15

    「そして日本海サーフトリップ」東田トモヒロの波乗り四方山話

    2022.12.12

    z