山登り始めるならコレ!「PRIMUS」史上最強ストーブ。 | 道具・ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 道具・ギア

    2016.07.01

    山登り始めるならコレ!「PRIMUS」史上最強ストーブ。

    b*p

    1892年、ヴィルヘルム・リンドクヴィストは

    仲間のスヴェンソンとともに「PRIMUS」ストーブの量産を始めた。

    以降、北極探検家のフリチョフ・ナンセン、南極点に初めて到達したロアルド・アムンゼン、

    さらにエベレストを初登頂したヒラリーとテンジンなどが使用するなど、

    極限の状態でも愛用されてきた。

    そうした燃焼のプロとしてのプライドが、

    常に新しいアウトドアストーブの燃焼技術を進化させてきた。

    そのひとつともいえるのが、この「153ウルトラバーナー」に搭載されたX字ゴトクだ。

    その名の通り、バーナーヘッドがX字の4区画に区切られていて、

    ひとつの区画の火が消えても、他の区画は火がついた状態を保ってくれる設計。

    最大出力は3600kcal/hと圧倒的だ。

    極地でも使える“オーバースペック”かもしれないが、それって男心くすぐるフレーズだよね。

     

    イワタニプリムス|P-153 ウルトラバーナー

    【スペック】

    ゴトク径は大148mm、小90mm。収納サイズは7.5×8.8×3.0cm。116g。

    燃焼時間は約55分(IP-250タイプガス使用時)。ガスは別売り。スタッフバッグが付属。日本製。

    NEW ARTICLES

    『 道具・ギア 』新着編集部記事

    アウトドア向けのスニーカー15選|普段も履ける高機能シューズが勢ぞろい!

    2024.06.18

    “熾火”を思いっきり楽しめる薄暮舎の「熾火台」はこだわりのデザインと手軽さが魅力!

    2024.06.18

    コロンビアのおすすめレインウェア10選!独自の防水透湿技術も紹介

    2024.06.17

    LOGOS×Afternoon Tea×PEANUTSのトリプルコラボ!アウトドアで目立つスヌーピーアイテムだっ

    2024.06.17

    キャンプにおすすめのカセットガスストーブ5選|小型&手軽で持ち運びラクラク

    2024.06.17

    水際のおしゃれ番長!MERRELLの新作サンダル「HYDRO SLIDE 2」は快適度がさらにアップ

    2024.06.17

    A Productの焚き火台「iron oven」レビュー!ピザやステーキも楽しめるオーブン機能付き

    2024.06.17

    BE-PAL編集部員も推す!コールマンのパーティーシェードで居住空間をより快適に

    2024.06.17