THE PARK SHOP|DAY PACK | 日本の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • THE PARK SHOP|DAY PACK

    2016.12.26 b*p

    2014年にスタートした公園(PARK)がテーマの

    ライフスタイルブランド「THE PARK SHOP」。

    公園から想像される子供やスポーツ、散歩、ピクニックなど

    様々なイメージを基に、

    キッズウエアやライフスタイル雑貨などを中心に展開している。

    シーズンごとに、世界の何処かの公園がテーマになっている。

    これまでは15FWシーズンがニューヨーク「Central Park」、

    16SSシーズンがニューヨーク「Brooklyn Bridge Park」、

    今季16FWシーズンがヴァンクーヴァー「Oppenheimer Park」となっている。

    公園は世界共通して憩いの場。

    公園や街ごとに、どんな特徴があるのかも注目してみたい。

    「THE PARK SHOP」のなかでもユニークな素材を使っているのが

    こちらのバッグ。

    国際輸送の封筒や建築資材に使われているタイベック素材だ。

    インダストリアルなものだけに、軽くて丈夫で防水性が高いというナイスな素材。

    独特のワシャワシャした手触りもおもしろい。

    シンプルなバッグで使いやすい。

    だからこそ、ちょっと異素材感で遊んでみたい。

    ホワイトでも細かいことは気にせず、公園でガンガン使えそう。

    あなたも“公園=park”デビューしてみては?

    【サイズ】

    01=S(子供用)

    02=L(大人用)

    【スペック】

    Sサイズは幅24×奥行き16×高さ33cm、Lサイズは幅32×奥行き20×高さ43cm。タイベック(ポリエチレン)。ベトナム製。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 日本の旅 』新着編集部記事

    ファミリーにおすすめ!「晴天率80%」の長野スキー場なら子供とスノボ三昧だ

    2023.02.01

    寒い季節の内房といえば「夕陽ハント」と「水仙」。春先取りの千葉県鋸南町を旅してきた

    2023.01.19

    日本最南端の島「波照間島」に魅せられたシェルパ斉藤、18年ぶりの再訪!

    2023.01.06

    2022年最後の伊豆へ。グルメと温泉と絶景を味わいながら仲間たちと忘年!

    2022.12.29

    栃木・那須高原のおすすめ立ち寄りスポット4選と絶対買うべしお土産3選

    2022.12.15

    「そして日本海サーフトリップ」東田トモヒロの波乗り四方山話

    2022.12.12

    z