魚を逃がさない!メタルジグ使用時に大活躍の最強アシストフック「JIGGER LIGHT 段差 ホールド」を紹介 | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海・川・カヌー・釣り

    2022.08.30

    魚を逃がさない!メタルジグ使用時に大活躍の最強アシストフック「JIGGER LIGHT 段差 ホールド」を紹介

    メタルジグとアシストフック。

    筆者私物。

    これからいよいよハイシーズンを迎えるライトショアジギング。

    秋のルアー釣りは、初心者の方でも比較的簡単に魚を釣ることができるので、これからショアジギングを始めたいと思っている方にはピッタリなシーズンです。

    ライトショアジギングは、30~60gのメタルジグをかっ飛ばして魚を誘うルアー釣りですが、魚を釣り上げるのに重要になるのが、ルアーに接続されている針です。

    メタルジグ。

    フロントにアシストフック、リアにトレブルフックが基本セッティングです。筆者私物。

    メタルジグには、先端と後ろに針を接続する箇所があり、先端はフロントアイと呼ばれ、通常アシストフックと呼ばれるシングルフックを接続します。

    後ろの部分はリアアイと呼ばれ、トレブルフックを接続するのがスタンダートなセッティングです。

    ショアジギングで人気のターゲットである、ブリやヒラマサといった魚は、エサとしている小魚を頭から捕食する習性があります。

    そのため、それらの魚を狙う上で重要になるのが、メタルジグのフロントアイに接続するアシストフックです。

    針の掛かりが甘いアシストフックを使用していると、ヒットしても逃げられてしまうことがあります。

    そうならないために、筆者がおすすめしたいのが「JIGGER LIGHT 段差 ホールド」というアシストフックです。

    魚を一度掛けたら逃がさないホールド力が魅力のフックで、釣果アップが期待できる秀逸なものとなっています。

    今回はJIGGER LIGHT 段差 ホールドの魅力について解説していきます。

    JIGGER LIGHT 段差 ホールドとは?

    JIGGER LIGHT 段差 ホールドパッケージ。

    JIGGER LIGHT 段差 ホールドは2組入りで販売されています。筆者私物。

    JIGGER LIGHT 段差 ホールドとは、(株)オーナーばりのブランド、カルティバから販売されているメタルジグ専用のアシストフックです。

    サイズレパートリーが多く、メタルジグの大きさや長さに合わせて、適したものを選ぶことができます。

    特に細長い形状のメタルジグとは相性が良く、ジグに巻き付く針がらみもほとんど発生しないので、ストレスのない釣りを楽しむことができます。

    掛かれば逃がさない!

    釣り上げた魚。

    JIGGER LIGHT 段差 ホールドで掛かれば、安心して釣り上げることができます。

    JIGGER LIGHT 段差 ホールドの魅力はなんといっても、魚を一度掛けたら逃がさないホールド力。

    筆者もこのアシストフックを使用してからは、ヒットした魚はほぼバラす(針が外れて逃げられる)ことなく釣り上げることができています。

    釣り上げた魚の針掛かり箇所を見てみると、どれもガッツリ肉厚なところに刺さっており、とても優秀なアシストフックと言えます。

    高性能の秘密

    一度掛けたら逃がさない、高性能なアシストフックであるJIGGER LIGHT 段差 ホールド。

    その性能をひも解いていくと、そこには確かな技術力が詰め込まれていました。

    極細だけど高強度な組み糸

    アシストフックの組み糸。

    組み糸は対大物でも十分に耐えてくれます。筆者私物。

    ソリッドリング(メタルジグと接続するための金属の輪っか)と針を接続する細い紐は組み糸と呼ばれています。

    JIGGER LIGHT 段差 ホールドの組み糸の強度は、一番小さな針のサイズで、なんと80ポンド(約36kg)。少々のことでは切れない高強度を誇っています。

    段差効果で魚が掛かる確率が上がる

    釣り上げた魚。

    食いついてきた魚を逃がさない設計になっています。

    商品名にある「段差」という表記名どおり、2本の針の組み糸は微妙に長さに違いがあります。

    このわずかな段差は、魚が食いついてきたときに2度の針掛かりのタイミングを発生させるためのもので、フッキングのチャンスを増やす仕様設計になっています。

    掛けたら逃がさないフック形状

    アシストフック。

    2か所の角がホールドの秘密です。筆者私物。

    掛けたら逃がさない秘密は、なんといってもフックの形状にあります。

    通常のアシストフックは、先端から最下部まで、滑らかな曲線を描いているのですが、この針は、先端から下部の間に、2か所の角ばった部分があります。

    魚が掛かると、この角に魚の口腔部の肉が集中し、針が魚の口から抜けにくくなっています。

    JIGGER LIGHT 段差 ホールドの針の形状は、釣り工学の研究から、緻密に計算された仕様になっています。

    メタルジグのアシストフックはJIGGER LIGHT 段差 ホールドで間違いない!

    メタルジグ。

    JIGGER LIGHT 段差 ホールドは頼れるアシストフックです。筆者私物。

    魚が針に掛かる工学的観点と確かな技術力から生み出されたJIGGER LIGHT 段差 ホールド。

    掛けたら逃がさない、商品コンセプト通りの実力を持ったアシストフックとなっています。

    これからライトショアジギングを始める方や、魚はヒットするけど、バラすことが多いという方には特にオススメ!

    アシストフック選びで迷ったら、ぜひJIGGER LIGHT 段差 ホールドを試してみてくださいね!

    最後に

    初めての釣り場へ行くときは、釣り禁止の看板がないかを確認しましょう。

    釣りをする際は、ライフジャケットを必ず着用しましょう。

    ルールやマナーを守り、誰にも迷惑のかからないよう行ないましょう。

    私が書きました!
    ソルトアングラー
    フジノ・キュー
    週末になると関西圏の海辺に突如出没するソルトアングラーライター。趣味はもっぱら海でのルアー釣り。
    Googleマップを頼りに未開拓の釣り場を求めて沿岸を練り歩き、自然の美しさと過酷さに魅了された冒険家気質な釣り人。

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    渓流ルアーの注目株!スミス「D-コンタクト」の魅力とは?

    2024.06.13

    キビナゴの大産卵を見つけた!海中が真っ白な雲に包まれる…?

    2024.06.12

    釣った魚を美味しく食べるために、鮮度を保って保存・持ち帰る3つの方法

    2024.06.06

    初心者にもわかりやすいルアースナップの種類、選び方を解説。意外なメリットもあり!

    2024.06.02

    タモ網、フィッシュグリップ…釣り初心者必携のランディングツール3選

    2024.05.24

    釣り糸「PEライン」って何? メリット・デメリットと使用上の注意を解説

    2024.05.19

    1万円以下でそろえる!イカ釣りの基本と仕掛けなどのおすすめギア

    2024.05.16

    釣りで大切な「リールに巻くラインの適正量」って? 下巻きを実践してトラブルを減らそう

    2024.05.14