高級なアウトドアチェアで一味違うキャンプを。おすすめ6選を紹介 | チェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 高級なアウトドアチェアで一味違うキャンプを。おすすめ6選を紹介

    2022.10.23

    「高級なアウトドアチェアで、一味違うキャンプを楽しみたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか。高級感のあるアウトドアチェアを6個、厳選してご紹介します。アウトドアチェアの選び方も解説するので、ぜひ参考にしてください。

    高級なアウトドアチェアの選び方

    高級なアウトドアチェアは、価格が高いため失敗はしたくないところです。自分に合った高級アウトドアチェアを選ぶときのポイントを4つ紹介します。

    「ハイ」か「ロー」どちらのタイプか選ぶ

    アウトドアチェアにはハイタイプとロータイプがあります。それぞれ一長一短あるので、特徴を理解して選ぶのがおすすめです。

    一般的には座面高が30cm以上のものを『ハイタイプ』、30cm以下のものを『ロータイプ』と呼びます。

    ハイタイプはダイニングチェアと同じように使えるため、ハイテーブルと合わせれば、食事のときに使いやすいでしょう。立ったり座ったりと動きやすいので、キャンプ中活動的な人にもおすすめです。

    ロータイプは重心が低く、ゆったりと座れるのが特徴です。子どもが座っても倒れにくいので、安心して使えるでしょう。

    ハイタイプよりは移動がおっくうに感じやすいので、あまり動かない人におすすめです。

    座り心地で選ぶ

    座り心地は、チェアを選ぶ上で重要なポイントといえます。人によって心地良い姿勢は異なるため、立ったり座ったりしやすく、使っていてストレスにならないものを選ぶと良いでしょう。

    ふかふかな座り心地を得たい人には、クッション付きのものがおすすめです。ゆったりと座りたい人は、背もたれが長いハイバックチェアが適しています深く腰掛けられるかもチェックしておきたいポイントです。

    非日常を感じたい人には、ハンモックチェアもチェックしてみましょう。長時間座っても体が痛くなりにくいのも魅力の一つです。

    機能面で選ぶ

    高級なチェアを買うなら、機能面にも優れたものがほしいところです。機能面とは、リクライニング機能やドリンクホルダーの有無などが挙げられます。

    小さく折りたためるものや、焚火のそばで使っても燃えにくい難燃素材のものもあります。

    ロックがしっかりしており安定性が高かったり、サイドテーブルが付いていたりすると便利です。自分が使っている姿をイメージして、どのような機能があると便利かを考えると良いでしょう。

    ただし、装飾品が多くなると総重量が重くなったり、価格が高くなったりするので、バランスを見るのがポイントです。

    デザインやスタイルが合っているかをチェック

    高級感のあるチェアを買うなら、デザイン面にも注目しましょう。

    近年は、室内でアウトドアチェアを使うのもはやっているので、室内で使っても違和感がないものを選ぶと使い道が広がります。

    また、自分のキャンプスタイルやほかのキャンプギアと合わせて違和感がないかも要チェックです。ほかのギアと同系色のものを選ぶと、統一感が出ておしゃれになります。

    思わず人に見せたくなるようなものを選ぶのがおすすめです。

    ハイタイプのおすすめの高級アウトドアチェア

    ここからは、価格が1万円以上の高級アウトドアチェアを紹介します。まず紹介するのは、背もたれが高くリラックスしやすいハイタイプです。

    ヘリノックス「サンセットチェア」

    座面高46cmのハイタイプのチェアです。背もたれが長く、首の上も支えてくれるのでリラックスして座れます。

    構造はシンプルなものの、座面がフレームから吊り下げられており、浮遊感のある快適な座り心地を実現しています。

    生地はポリエステル、フレームはアルミ合金でできているので、耐久性が高く長く使えます。ロングタイプでありながら、収納時は高さ46cmにまで収まるため、持ち運びもしやすくなっています。

    ヘリノックス
    サンセットチェア

    サイズ使用時/幅59cm×奥行き73cm×高さ98cm 収納時/直径16cm×高さ46cm座面の高さ:45cm 重量:使用時/1450g収納時/1595g耐荷重:145kg

    カーミットチェア「ハイバック」

    一台一台、アメリカのテネシー州にてハンドメイドで作られているチェアです。通常のカーミットチェアよりも、背もたれを10cm高くしたタイプなので、ゆったりと座りやすいでしょう。

    本体は広葉樹とアルミでできており、重量は約3kgと同種のチェアの中では軽量といえます。収納時は分解でき、長さ約67cmの小さな収納袋に入れて持ち運べる点も便利です。

    木材には全て、高級クルーザーにも使われるダブルマリングレードポリウレタン加工が施されており、耐久性を高めています。

    カーミットチェア
    ハイバック

    組立サイズ:幅51×奥行54×高さ72cm  収納サイズ:(約)幅11×奥行16×高さ67cm  座面高:約30cm【重量】約3kg 【耐荷重】約158kg

    ロータイプのおすすめの高級アウトドアチェア

    ロータイプでおすすめの高級アウトドアチェアを紹介します。グッドデザイン賞を受賞したモデルもあるので、要チェックです。

    スノーピーク「ローチェア30」

    2010年のグッドデザイン賞を受賞した、ロータイプのチェアです。一度座ると立ち上がりたくなくなる座り心地の良さが特徴です。

    一方で、食事や作業もしやすい安定感を兼ね備えているので、あらゆるシーンで活躍するでしょう。

    アームレストには竹集成材を使用しており、キャンプシーンによくなじみ、心地良い座り心地をサポートしてくれます。中央収束の折りたたみ式で、専用の収納ケースも付属しているので持ち運びもしやすいでしょう。

    カラーはブラウンとカーキの2色で、自宅で使ってもおしゃれな一台です。

    スノーピーク
    ローチェア30

    サイズ:58×65×86(h)cm (シート高30cm) 収納サイズ: 160×180×1010(h)mm 重量:3.6kg

    ブルーリッジチェアワークス「LSフェスティバルチェア」

    独特なデザインがおしゃれな、ロータイプのチェアです。

    収納時は二つのパーツに分解できるので、かさばらずに持ち運べます。背面にボトルオープナーが付属しているため、キャンプやフェスで活躍するでしょう。

    座面が後ろに傾斜しているので、包み込まれるような座り心地を体感できます。

    素材に使われているタモは、家具や野球のバットなどにも使われている人気の素材です。ナチュラルな色合いと、場所によって木目の色の深みが変わるのが特徴です。

    ブルーリッジチェアワークス
    LSフェスティバルチェア

    重量:3.2kg

    機能性に優れたおすすめの高級アウトドアチェア

    見た目だけでなく、機能性も妥協したくない人に向けて、機能性の高いおすすめのチェアを紹介します。値は張りますが、キャンプをより快適にしてくれるでしょう。

    ノルディスク「Nordisk X Helinox Chair」

    ヘリノックスとのコラボ商品です。ヘリノックスのチェアのデザインをベースに、背もたれにノルディスクのロゴがプリントされており、プレミア感があります。

    フレームが細かく折りたため、コンパクトに収納できるのが特徴です。なおかつ軽量設計なので、持ち運びにも便利でしょう。

    生地はノルディスクのキャンバス生地で作られており、軽くて丈夫です。ほかのヘリノックスのチェアと同じく、座面がフレームに吊り下げられている構造なので、抜群の座り心地を誇ります。

    両ブランドのファンにとっては特におすすめの一台です。

    ノルディスク
    Nordisk X Helinox Chair

    本体サイズ:66cm×52cm、収納サイズ:35×12cm重量:1030g、耐荷重:145kg

    イエティ「トレイルヘッドキャンプチェア」

    座り心地と機能面を追求したモデルです。座る人の体の形に合わせて座面が腰を包み込み、快適な座り心地を実現しています。片方のアームレストにはドリンクホルダーが付けられるので、機能性も高いでしょう。

    重量は約6kgと少し重いですが、収納ケースにはショルダーストラップが付いているので、リュックのように背負って運べます。

    見た目も重厚感があっておしゃれなので、品質もデザインも妥協したくない人におすすめです。色はネイビーとチャコールの2色があります。

    イエティ
    トレイルヘッドキャンプチェア

    サイズ:25.9D x 21.1W x 110H cm

    まとめ

    チェアはテーブルと並んで、キャンプに欠かせないギアの一つです。それゆえ、キャンパーの個性を出しやすいところでもあります。

    アウトドアチェアを選ぶときは、デザインだけでなく、機能面や自分のスタイルに合っているかも注目することがポイントです。高級なアウトドアチェアに座って、優雅にキャンプを楽しみましょう。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 チェア 』新着編集部記事

    チェア難民が辿り着いたアウトドアチェアが…ロゴス「neos ファミリースムースリクライナー」

    2022.11.11

    ローチェアはオワコン?キャプテンスタッグのキャンプ用座椅子を徹底レビュー

    2022.11.03

    チェアとスツールの違い知ってますか?ハイマウント「フォールディングスツール」を手に入れるべき5つの理由

    2022.10.22

    暖かくて座り心地も◎「ヘリノックス」チェア&コットの専用カバーが登場

    2022.10.17

    BE-PAL創刊編集長の目利きモノ選び〜アウトドア用ちょい掛けスツール〜

    2022.10.11

    これはイス!? ハンモック!? 昼寝に最適なロゴス「ゆらゆらハンモックチェア」

    2022.10.07