暑い季節のBBQや、アウトドアの手土産におすすめの爽やか「フルーツポンチ」 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 暑い季節のBBQや、アウトドアの手土産におすすめの爽やか「フルーツポンチ」

    2022.08.21 小牧由美

    瓶詰にしたフルーツポンチ

    色鮮やかな「フルーツポンチ」。アウトドアの手土産にぴったり。

    貰ったらうれしい!夏に喜ばれるひんやりデザート「フルーツポンチ」を作ってみよう

    BBQに招待されたとき、差し入れに持って行くと喜ばれるのがフルーツ。とくに女性や子供には、色とりどりのフルーツが入った「フルーツポンチ」はとっても喜ばれます。フルーツポンチの作り方は簡単。使うフルーツを選び、カットしてシロップに漬け込むだけ。あとは、瓶に詰めた数種類のフルーツが勝手においしく仕上げてくれます。アウトドアの手土産として大事なポイントは、おいしい冷たさをキープしたまま現地まで持っていくことだけです。

    フルーツポンチをおいしく、楽しく作るコツも紹介します。

    【フルーツポンチの作り方】

    今回使用した材料

    今回使用した材料です。

    【材料】900ml瓶

    • パイナップル 1/4個分
    • キウイ 2個
    • バナナ 2本
    • ドラゴンフルーツ(ホワイト) 1/2個
    • プチトマト(好みで) 7粒
    • アガベシロップ 100ml(甘味1に対して水3~4の割合)
    • 水 400ml

    使用する甘味料は、砂糖やはちみつなど好みのものでOKです。

    <下準備>

    • シロップは事前に作って冷やしておきます。
    • プチトマトは湯むきをします。
    • フルーツはすべて同じ大きさになるようにカットします。

    【シロップの作り方】

    フルーツポンチ用のシロップ

    シロップは、事前に作って冷やしておくのがポイント。

    (1)鍋に水と甘味料(ここではアガベシロップ)を入れて沸騰させます。

    (2)粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておきます。

    【フルーツポンチの作り方】

    (1)フルーツは種があるものは取り除いてひと口大にカットします。

    フルーツを同じ大きさになるようにカットしたもの

    大きさはひと口大。ちょっと大きめにカットした方がおいしく感じられます。

    (2)清潔な保存容器にカットしたフルーツをバランスよく入れていきます。

    (3)冷やしておいたシロップを蓋のぎりぎりまで注いだらできあがりです。

    瓶に詰めたフルーツにシロップを注ぐ

    シロップはそっと注ぎます。

    レモン果汁を絞って食べるのもおすすめ。

    フルーツポンチのおすすめの組み立て方

    1. 使いたいフルーツを決める
      いろどり、味のバランスを考えながら、使用するフルーツを決める。赤、緑、黄色など色で考えると見た目もきれいに仕上がります。
    2. 気になるフルーツを使ってみる
      この時期、どんなフルーツが売られているのか、フルーツ屋さんへリサーチに行く。旬のフルーツ、気になるフルーツをチェック。私は、ピンク色がきれいなドラゴンフルーツを使ってみることにしました。
    3. 使用する容器を決める
      瓶選びから始めてもOK。使用する容器(容量)を決めて、フルーツを考える方がイメージしやすい場合は容器選びから始めましょう。
    4. プラスαでオリジナルフルーツポンチを考えてみる。
      1.2.3だけでも十分ですが、さらに創作するのも楽しいです。私は、プチトマトを入れてみることにしました。

    大きさ違いのガラス瓶

    大きめひとつ。小さめ2つ。そんな使い方でも。

    プチトマト

    プチトマトは湯むきをして入れてみました。

    なぜ、トマトを入れたのか?

    赤い色味のものを探していたときに、お店で色も形もかわいらしいプチトマトを見つけて、「プチトマトを入れたらおいしいかも、楽しんで貰えそう」と思い、赤色はプチトマトにしようと決めました。

    ドラゴンフルーツってナニ?

    今回、フルーツのひとつに選んだドラゴンフルーツ。ドラゴンフルーツはどんなフルーツなのかを調べてみました。「ドラゴンフルーツ」は、「ピタヤ」とも呼ばれる南国のフルーツで、ルーツは中央アメリカといわれています。日本では、沖縄、鹿児島などで作られていて、7月から11月にかけて旬をむかえるフルーツです。

    ドラゴンフルーツ

    ドラゴンフルーツは、パイナップルと同様に追熟しません。買ってきたらできるだけ早く食べるようにしましょう。

    ドラゴンフルーツは主に3種類。果肉が白いホワイトドラゴン、果肉が赤いレッドドラゴン、果肉がピンク色をしたピンクドラゴンです。果肉の中には黒いごまのような種子が入っています。味はさっぱりとした甘さで酸味はありません。

    ドラゴンフルーツの産地・沖縄では、夏バテ防止や疲労回復効果などさまざまな健康効果が期待できる「ミラクルフルーツ」と呼ばれています。また、農薬をほとんど使用せずに栽培できるフルーツとしても注目されています。

    ドラゴンフルーツの切り方

    半分にカットします。

    ドラゴンフルーツを半分にカットしたもの

    カットしたら中央部分に変色がありました。変色した部分は取り除いて使用します。

    さらに半分にカットします。

    ドラゴンフルーツの皮をカットしている

    ピンク色の部分は食べないところですが、色味がきれいなので残してフルーツポンチの色のアクセントにしました。

    食べるときには皮は取り除いてからいただきます。

    大人だけならアルコールを入れても

    大人だけのBBQなら、白ワインやラム酒を入れて作るのもおすすめ。フルーツもグレープフルーツやざくろ、ぶどうやマスカットなど。その日のうちに食べきれなくても、フルーツの果汁が移ったシロップも日ごとに味の変化を楽しめます。

    シロップを瓶すれすれまで注いで蓋をする

    シロップからフルーツがはみ出さないように保存しましょう。

    シロップが残ったら、レモン果汁を少し絞ってソーダ割に。「フルーツポンチ」は最後までおいしく楽しめる、暑い季節にぴったりのデザートです。アウトドアでは、使う器(シェラカップなど)もフルーツポンチと一緒に冷やして。クラッシュアイスを浮かべたりと、ちょっとした演出で、より涼しげなフルーツポンチになります。

    私が書きました!
    料理研究家
    小牧由美
    名古屋市在住の料理研究家。東京を拠点に食に携わる仕事で20年以上活動。その間、銀座のヴィーガンカフェでは立ち上げから店長を務め、レシピ・商品開発から体調改善に特化したメニューを考案し、カウンセリングにも従事。現在は、旬の素材を使った料理やローフード、ヴィーガンレシピの創作、商品開発などを行なっている。2022年9月、『秋の恵みを愉しむキャンプ料理教室』開催予定。http://yamabon.jp/

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    ぜんぶお取り寄せが可能!環境に優しい暮らしから生まれた農産物3選

    2023.02.07

    ハウス「ナンミックス」はキャンプ飯に最適だ!作るのも楽しいアレンジレシピ2選

    2023.02.07

    ギフトにもおすすめ。 サステナブルなお取り寄せはオンラインマルシェを活用すべし

    2023.02.06

    お餅の食べ方、マンネリ化してない?絶対にうまい切り餅のキャンプ飯レシピ2選

    2023.02.04

    キャンプでカニ玉が作れる時代に!?フリーズドライで作る「シェラカップ中華」

    2023.02.02

    豪快に蒸し焼き、がおいしい!旨味たっぷりの牡蠣と白子の昆布締めホイル焼き

    2023.01.30

    z