ミニ焚き火台とミニシェラカップで『夏野菜の味噌オイルフォンデュ』してみました! | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2022.07.16

    ミニ焚き火台とミニシェラカップで『夏野菜の味噌オイルフォンデュ』してみました!

    ミニ焚き火台を使った夏野菜の味噌オイルフォンデュ

    写真用に火は強めにしています。火加減は、弱めの中火くらいを目安に。ミニ焚き火台がない場合は、バーナーなどあるもので代用可能です。火は固形燃料でもOKです。

    簡単で、おいしくて、楽しめるメニュー『夏野菜の味噌オイルフォンデュ』

    ミニ焚き火台を使って料理をしてみたくて『夏野菜の味噌オイルフォンデュ』というレシピを考えてみました。焚き火での調理。当然ながら、火の調整がなかなか難しく、けどそれがまた楽しくて。高温になると、味噌が焦げやすくなるので注意が必要ですが、ちょっと焦げたくらいの味噌オイルも香ばしくておいしいんです。

    『夏野菜の味噌オイルフォンデュ』の調理方法

    味噌とオイルを混ぜ合わせている様子

    味噌が焦げつかないよう、しっかりとオイルと混ぜておきます。

    『夏野菜の味噌オイルフォンデュ』は、オイルに味噌などを混ぜて作ります。味噌とオイルは混ぜても分離します。その上澄みのオイルで野菜類を揚げて、底の味噌につけて食べるスタイルにしてみました。
    野菜を切って、味噌とオイルを混ぜるだけなので準備も簡単。あとは焚き火用の細い枝を拾って薪の用意をすればスタンバイ完了です。

    【夏野菜の味噌オイルフォンデュのレシピ】

    【材料】2人分

    今回使用した材料です

    今回使用した材料です。にんにくはすりおろしにするので、おろし器が必要です。

    • オクラ 4本くらい
    • みょうが 2~3本
    • ズッキーニ 1/2本
    • 黄ズッキーニ 1/2本
    • ナス 1/2本
    • 厚揚げ 1/2~1枚分
    • サンチュ 適量
    • 大葉 適量
    • ラディッシュ(あれば) 適量
    • にんにく 1/2片
    • 味噌 大さじ1~大さじ1と1/2
    • 醤油 大さじ1弱
    • ごま油 大さじ1
    • オリーブオイル 大さじ3
      ※野菜のほかにも肉や魚介類など好みの具材を入れてください。

    【作り方】

    (1)野菜類はきれいに洗って水けをきっておきます。

    (2)オクラ、みょうがは食べやすくカットします。オクラは縦半分、みょうがは縦半分もしくは1/4にします。

    野菜類をスティツク状に切った様子

    野菜の切り方は、味噌オイルフォンデュに使う容器によって、サイコロ状やスティツク状など、食べやすい切り方でOKです。

    (3)ズッキーニ、ナスは皮を縞目に剥き、食べやすく6等分くらいにカットします。

    (4)厚揚げは熱湯でさっと湯通しをして水けをきったら、食べやすいサイズにカットします。

    (5)シェラカップに分量の味噌、醤油、にんにくのすりおろしを入れ、オリーブオイルを少しずつ入れて泡だて器などで混ぜ合わせます。ある程度混ざったら、ごま油も入れ、さらに混ぜ合わせておきます。

    (6)カットした野菜類をお皿に並べます。

    (7)味噌オイルを温めます。油の温度は、140~160度Cくらいの低温でOKです。

    (8)温めた味噌オイルで野菜を揚げていただきます。

    味噌オイルフォンデュのおすすめの食べ方

    野菜を味噌オイルフォンデュしている様子

    ここで使用している野菜は、生でも食べられるものばかりです。好みの揚げ加減をみつけて、おいしく食べてください。

    夏野菜の味噌オイルフォンデュは、そのまま食べるのはもちろん、サンチュやサニーレタスなどの野菜に巻いたり、サンチュに大葉やえごまの葉をのせて、その上に揚げた野菜や厚揚げをのせて食べても。パンやおにぎりなど主食との相性もいいですよ。

    炭火焼きでもおいしい

    野菜、厚揚げを炭火で焼いたものに、味噌オイルをつけて食べるのもおすすめです。野菜と一緒にシェラカップに入れた味噌オイルも炭火で温めて食べます。

    夏にぴったり「おくらとみょうが」

    おくらとみょうが

    和え物などさっぱりとした食べ方が多い「おくらとみょうが」。またひと味違った風味が楽しめます。

    味噌オイルフォンデュで試してもらいたい野菜が「おくらとみょうが」です。味噌との相性もよく、味噌オイルフォンデュでも、炭火でさっと焼いて味噌オイルをつけて食べる食べ方のどちらでもおいしくいただけます。ぜひ、試してみてください。

    熱中症対策に「味噌」がおすすめ

    味噌は、夏キャンプにおすすめの調味料です。発酵食品でもある味噌には、夏バテや疲労回復、食欲不振に効果があるといわれています。

    手軽に、きゅうりに味噌をつけて食べるだけでも熱中症対策になります。味噌の適度な塩分と水分補給も同時にできる冷や汁なんかも、夏キャンプのメニューに加えてみるのもいいですね。

    うだるような暑さが続きますが、胃や腸に優しい食事を心掛けて、今年の夏も元気に快適に、ソロで、みんなで、大いに自然を満喫しましょう。

    私が書きました!
    料理研究家
    小牧由美
    東京を拠点に食に携わる仕事で20年以上活動。その間、ヴィーガンカフェの店長を務め、レシピ・商品開発から体調改善に特化したメニューを考案し、カウンセリングにも従事。現在は、野菜や果物、ナッツなど、旬の素材を中心とした料理やローフード、ヴィーガンレシピの創作、商品開発などを行っている。http://yamabon.jp/

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    キャンプで食べたい「ビャンビャン麺」!ゆできしめんを使って手軽に作ってみよう

    2024.06.23

    キャンプで発酵カレーはいかが?今年の夏はカレー麹を作ってみよう

    2024.06.21

    バーベキューは肉の量が重要!ゲスト満足度を高めるポイント

    2024.06.20

    豪快な肉のキャンプ飯23選!肉の種類別に簡単おすすめレシピを紹介

    2024.06.17

    ビーフシチューのお肉はどの部位がおすすめ?美味しく食べるためにお肉を柔らかくする方法も紹介

    2024.06.16

    カルディ「バカッタレ丼のたれ」で悪魔級の美味しさ!キャンプでも簡単に作れる丼レシピ2選

    2024.06.16

    ピクニックのお弁当に作りたい!おかず・サンドイッチなど簡単おすすめレシピ集16選

    2024.06.15

    The Coleman Day Camp 2024で体験できる「フランス発ホットサンド」の激ウマ&簡単レシピ

    2024.06.12