3位は「故障」、2位は「狭い」、1位は…!? キャンピングカー&車中泊でみんなが困ったこと | クルマ・キャンピングカー 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

3位は「故障」、2位は「狭い」、1位は…!? キャンピングカー&車中泊でみんなが困ったこと

2022.07.04

キャンピングカーや車中泊を考えている人は、要チェック!

オーナーの数だけ失敗もある…、BE-PALが読者の皆さんに調査した「キャンピングカー・車中泊での失敗エピソード」をランキング形式でご紹介しよう。

困った!第3位:故障

クルマ旅の中でもイヤな困りごとは、故障。

豪雨の中電気トラブルで、高速道路でのエンスト!

「古かったせいか、しょっちゅうバッテリーがあがる」

今のキャンカーが海外の少し年式が古いタイプなんですが、故障したら部品が届くまでに数か月が必要です。ちょこちょこ故障してるので、年間通したら結構な月日使用出来ない感じです(泣)」

年式が古いキャンパーのオーナーさんの中には、故障も含めて「手がかかるほど、愛着がわく」と割り切っている人もいる。

キャンピングカーは中古車マーケットが活発なジャンルでもあるため、より注意したいものだ。

困った!第2位:狭い

「大人2人は余裕と思っていたけど、寝るときに結構窮屈に感じた」

「狭いので、夜は寝るだけになってしまう」

始めたばかりの頃は、軽バンの荷室にただスノコを引いてエアーベッドを置いただけだったので、車内での窮屈感に悩まされた」

クルマの中の空間には限りがあるもの。特に軽キャンなどでは、工夫が必要だ。

フルフラットにならずよく眠れない、狭くて寝苦しかったという意見も。何人で使うのか、乗るのは大人か子供かなど、よく考えておくべきだろう。

困った!第1位:暑さ・寒さに耐えられない

そして一番多かったのは「暑さ・寒さ」対策の失敗。

「ケチってFFヒーターをつけなかったために、凍死するかと思いました」

「窓を開て寝ればいいと思っていたけど、防虫ネットを忘れて開けられなかった」

「ひんやりグッズがあればなんとかなると思っていたけど、焼け石に水だった」

など、気温は睡眠に直結する部分でもあり、装備はよく考えておきたいもの。

また、トイレが近くになくて困ったという声もあった。車中泊をする際は、トイレの場所をしっかり確認しておこう。

ほかに大型のキャブコンの所有者に見られたのは「駐車場に入らない」「細い道は切り返しが大変だった」という、サイズによる困りごとも見受けられた。

運転技術に関しては、慣れてくればそのサイズに合わせて行動ができるようになるもの。

心配な人は、キャンピングカーオーナーになる前にレンタルサービスを使って、感覚を磨くのもよいだろう。

BE-PALから『車中泊・キャンピングカー パーフェクトガイド』が発売に!

最新キャンピングカー紹介から、オーナーたちの素敵なライフスタイル、必要な装備、基礎知識など、知りたい情報がいっぱい。ぜひ、あなたのクルマライフの参考に!

小学館
キャンピングカー&車中泊パーフェクトガイド: BE-PAL特別編集

7月5日発売。全112ページ


小学館サイト

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 クルマ・キャンピングカー 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。