液状、だし入り、本格派…。いま「みそチューブ」がおもしろい【PR】 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

液状、だし入り、本格派…。いま「みそチューブ」がおもしろい【PR】

2022.07.10PR

チューブ入りのみそをテーブルに並べている。

みそチューブの数々。中身がこぼれにくく、薄型なので野外に持っていきやすい。少量のチューブもあるのでその場で使い切ることもできる。趣向をこらしたパッケージデザインを見比べるのも楽しい。

この日、蓮池陽子さんが持ってきたのは、たくさんのチューブ入りのみそ。いまキャンプでひそかに流行中なのだという。

もともとは、「適量を手早く出したい」「手を汚したくない」「片手で入れたい」などの声を受けて、家庭用として販売されたのが始まり。手軽に使えるようにと、溶けやすい液状のものや、だし入りのものが多いが、液状やだし入りではない普通のみそもたくさん売られている。大手メーカーだけでなく、地方のメーカーからも出ているので、インターネットで探せば、地方色豊かな個性的なみそチューブに出会うことができる。

陽子さんは、乾燥なめこ(わかめとねぎ入り)を器に入れて、みそチューブをひと絞り。あとはお湯をかけてできあがり。暑い夏は、こんな簡単なみそスープがいいよね。

みその入った器に湯をかけている。

複数のみそを合わせるのもおすすめ。

みそ大好き、アウトドア大好きの蓮池陽子さんによる「ソトみそスープ」は、Facebookの「みそパル」でも月に4回公開中です。その中から厳選したメニューを『BE-PAL』本誌(次回は2022年8月号)でも紹介しています。こちらもお楽しみください。

協力:みそ健康づくり委員会

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。