お家の余りもので簡単に作れる!アウトドアご飯にピッタリ「やきとりビビンパうどん」 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • お家の余りもので簡単に作れる!アウトドアご飯にピッタリ「やきとりビビンパうどん」

お家の余りもので簡単に作れる!アウトドアご飯にピッタリ「やきとりビビンパうどん」

2022.05.25

ハイキングに気持ちのいい季節になってきました。お外で山ご飯を作らないわけには行きません! そこで今回は、とっても簡単に作れる「やきとりビビンパうどん」のレシピをお伝えします。

やきとりビビンパうどんの作り方

<材料>(2人分)

・やきとり缶(タレ)  2缶
・もやし  1袋
・ほうれん草  1/2束
・白菜キムチ  40~50g
・うどん  2袋
・温泉卵  2個
・トッピング (トマト、季節野菜など)

<調味料>
・ゴマ油 大1と1/2
・ごま 大1
・しょうゆ 大1/2
・鶏がらスープのもと 小1/2
・塩 小1/4

<作り方>

前日

1.もやしナムルを作る。沸騰したお湯にもやしを入れて、1分間サッと茹でる。調味料を加えて混ぜ合わせたら、冷蔵庫に1時間ぐらい入れて味を馴染ませる。その後、水分を切って冷蔵庫へ。

2.ほうれん草を沸騰したお湯に入れて約1分茹でる。ボールに水を用意して、茹で上がったほうれん草を流水で冷やす。根元をまとめて軽く絞り、食べやすい長さに切って冷蔵庫へ。その他の食材もパックに入れて準備しておく。

当日

1.やきとり缶から中身を出して温める。

2.うどんを鍋に入れ、水かお湯を少しかけて、ほぐしながら温める。

3.器にうどんを盛り、ナムル、キムチ、やきとりなどの具を順番にトッピングして、最後に温泉卵をのせたら完成!

<ポイント>
・やきとり缶を使えば、簡単ビビンバができます。
・ビビンパの具は冷蔵庫の余り野菜でも、なんでもOK。
・山頂で少し暑さを感じても、うどんならツルツルと食べやすいです。
 ゴハンに乗せてビビンパ丼にもできます。

今回は涌蓋山(わいたさん)という、大分県と熊本県にまたがる山に登ってきました。大分県のくじゅう連山の隣にある山です。山頂は一望千里、広々とした草台地からは、くじゅう連山や阿蘇山、由布岳などの山々が見えます。

フデリンドウ、ミツバツツジ、ドウダンツツジなどのお花もありました。

この季節は緑が特に美しいですよね。突然の雨や、気温が不安定になりがちですので、レインウェアや防寒着を忘れずにハイキングにおでかけください。そして緑の森の中で「やきとりビビンバうどん」を作って召し上がってくださいね!

※地域の新型コロナウイルス感染状況に注意し、ソーシャルディスタンスをとって、アルコール消毒などを含む対策を心がけてください。

私が書きました!
「喫茶・喫酒おまめ」店主
坂田伊都子
福岡県で「喫茶・喫酒おまめ」を経営。四国出身の元ランナー。実業団で陸上部のマネジャーを務めたあと、京都から福岡に移住し「喫茶・喫酒おまめ」をオープン。休みの日は福岡近辺や九州県内の山を登山してまわるのが趣味で「おまめ登山部」としての活動も。メンバーと一緒に山で簡単に作れる料理が好評。
この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • お家の余りもので簡単に作れる!アウトドアご飯にピッタリ「やきとりビビンパうどん」

関連記事

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。