いつものお肉が数倍うまくなる!究極のBBQスパイスの作り方と極旨炭火焼きステーキレシピ | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • いつものお肉が数倍うまくなる!究極のBBQスパイスの作り方と極旨炭火焼きステーキレシピ

いつものお肉が数倍うまくなる!究極のBBQスパイスの作り方と極旨炭火焼きステーキレシピ

2022.05.03

大皿に乗ったステーキ、フライドポテト、エビの串焼きとビールとスパイスの瓶

BBQの味付けには、何を使っていますか?塩こしょうや焼肉のタレなどが定番ですが、毎回同じだと飽きてきますよね。

そんな方におすすめなのが、「BBQスパイス」です。市販もされていますが、自作すればより自分好みの味わいに仕上げられます。

そこでこの記事では、BBQスパイスの作り方や、活用レシピを紹介します。

そもそもBBQスパイスとは?

豆皿に盛った塩とスパイスの瓶6本。

お塩は、ヒマラヤ岩塩です。

BBQスパイスは、塩をベースに砂糖やガーリック、ハーブなどの香辛料を混ぜ合わせて作ります。

お肉はもちろん、魚介類や野菜なども美味しく食べられる、オールマイティーな調味料です。

スパイスは、旨味の強いガーリックパウダーやパプリカパウダーを中心に、スパイシーなブラックペッパー、自然な甘みがあるシナモンやナツメグ、清涼感が魅力のカルダモンやパセリなどをブレンドします。

一段と美味しく仕上げるためには、ベースになる塩にこだわるのがポイントです。

例えば、ヒマラヤピンクソルトはまろやかな味でクセがないので、スパイスとケンカしません。お肉にかけるなら、スモークソルトもおすすめです。

お気に入りの塩で作ってみてください。

BBQスパイスのレシピ

キッチンスケールの上に、BBQパイスが入ったボウル。

キッチンスケールは、きっちり測れるデジタルタイプがおすすめです。

このレシピをベースに、味見をしながら自分好みに仕上げてください。

材料

  • 塩 20g
  • 砂糖 5g
  • パプリカパウダー 5g
  • ガーリックパウダー 5g
  • ジンジャーパウダー 2g
  • シナモンパウダー 1g
  • ナツメグパウダー 1g
  • ドライパセリ 3g
  • ブラックペッパー 2g

作り方

キッチンスケールの上に置いたボウルに、パプリカパウダーを入れる。

スパイスがダマになっている時は、茶こしでふるってください。

1.キッチンスケールに小さいボウルを置き、1つずつ計量しながら加えていきます。

2.材料を入れるたびに、しっかり混ぜ合わせます。

3.全部混ぜたら、清潔な瓶やボトルに入れて完成です。

ポイント

スパイスは湿気や熱により、香りや風味が劣化します。一度に大量に作らず、短期間で使い切れる量を調合しましょう。

また、残ったBBQスパイスは、冷蔵庫で保管してください。

炭火焼きステーキのレシピ

皿の上のアルミホイルに包まれたステーキ。

ステーキには、「ちょっと多いかな?」というくらいしっかりかけるのがおすすめです!

BBQといえば、牛肉がかかせません!

スパイスは焦げやすいので、ある程度火を通してから仕上げに振りかけるのが大切なポイントです。

材料

バッド上のステーキ肉とBBQスパイス。

お肉がキンキンに冷えた状態で焼くと、中が生焼けになりやすいです。必ず常温に戻してから焼きましょう。

  • ステーキ肉 1枚
  • BBQスパイス 適量

作り方

1.ステーキ肉を常温に戻します。

ステーキに包丁で切り込みを入れる。

厚みのあるステーキは、表面に格子状の切り込みを入れると味がしみやすいです。

2.赤身と脂肪の間にある筋を包丁で切り、焼き縮みを防ぎます。

3.全体をフォークで刺します。繊維が切れて柔らかくなり、味も染みやすくなります。

4.両面に軽く塩を振ります。

網の上で焼かれるステーキ。

お肉が焼ける音と匂いは食欲をそそります!

5.網にステーキを乗せたら、両面に焼き色をつけます。

5.7〜8割火が入ったら、両面にBBQスパイスをふりかけます。

6.アルミホイルで包み、5分ほど休ませます。すぐに切ると肉汁が溢れ出るので、休ませるのがポイントです。

7.食べやすい大きさにカットしたら完成です。

エビの串焼き

お皿の上に置いた、7本のエビの串焼き。

手を汚さず食べたい方は、むきえびで作ってくださいね。

淡白なエビは、パフリカやガーリックなどの旨味系スパイスとの相性が抜群です。

有頭エビならより迫力がでますよ。

材料

バッドの上のエビ、竹串、BBQスパイス、オリーブオイル。

大きめのブラックタイガーを使用しました。

  • エビ 7尾
  • BBQスパイス 小さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 竹串 7本

作り方

1.オリーブオイルにBBQスパイスを入れ、よく混ぜ合わせて漬けダレを作ります。

2.エビの尻尾部分から背中に沿って、串を打ちます

ジッパー付きバックに入れた下味をつけたエビ。

優しく揉み込みましょう。この状態でキャンプ場に持ち込めば、焼くだけでいいので楽ちんです。

3.ジッパー付きバックに漬けダレとエビを入れて入れ、30分ほど味をなじませます。

4.竹串でエビを刺します。

網の上で焼かれるエビ。

焦げやすいので、火の弱いところにおいてください。

5.網に置いて、両面焼きます。

6.全体が赤っぽくなったら完成です。

フライドスパイシーポテトのレシピ

豆皿に盛った塩とスパイスの瓶6本。

サラミは薄く切ると、ポテトの食感とよく合います。

ビールのお供にぴったりな、ジャンキーなおつまみです。

じゃがいもは、ほくほくとした食感が特徴の男爵いもがおすすめです。

材料(2人前)

バッドの上のじゃがいも3つ、サラミ、薄力粉、BBQスパイス、オリーブオイル。

オリーブオイルを使うと風味がつき、コッテリとした揚げ物になります。ビールとの相性はいいですが、さっぱり食べたい方は、サラダ油でもOK。お好みの油を使ってください。

  • じゃがいも(中) 3個
  • サラミ 1本
  • 薄力粉 大さじ2
  • 揚げ油 適量
  • BBQスパイス 適量

作り方

じゃがいもを水が入ったボウルに入れる。

時間があれば、1時間ほど水にさらします。でんぷん質が溶け出して、カリほく食感に仕上がります。

1.じゃがいもは皮がついたままくし切りにし、水にさらします。

2.サラミは薄くスライスし、ボウルに入れておきます。

3.じゃがいもの水分をしっかりと拭き取り、薄力粉をまぶします。

4.170度Cに熱した揚げ油で、5〜8分じっくり揚げます。

5.しっかりと油を切ったら、サラミが入ったボウルに入れます。

6.ミックススパイスを振りかけて、全体に行き渡るようにボウルを振りながら混ぜたら完成です。

手作りBBQスパイスでキャンプ飯がより美味しくなる

BBQスパイスは、塩とスパイスを混ぜるだけなので、誰でも簡単に作ることができます。

お肉はもちろん、魚介類や野菜など、さまざまな料理に活用できるのも魅力。好みや食材に合わせて、ベストな配合を探すのも楽しいですよ。

キャンプに行く前に、ぜひBBQスパイスを作ってみてくださいね。

私が書きました!
ママライター
藤永瞳
「子どもと不便を楽しむ」がモットーのママキャンパー。製菓衛生師の資格を活かし、”簡単・美味しい・見栄えよし”の3拍子揃ったキャンプ飯を考案する日々。ここ数年は子どもと気軽にできるデイキャンプに夢中。
この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • いつものお肉が数倍うまくなる!究極のBBQスパイスの作り方と極旨炭火焼きステーキレシピ

関連記事

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。