春だ、焚き火だ、国境だ!スロバキアとハンガリーを隔てる小さなドナウ川を行く | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 春だ、焚き火だ、国境だ!スロバキアとハンガリーを隔てる小さなドナウ川を行く

    2022.04.24 ジョアナのカヤック世界冒険記佐藤ジョアナ玲子

    スロバキアとハンガリーの国境での焚き火風景

    スロバキアとハンガリーの国境での焚き火風景。

    ようやく焚き火ができた3月のある日

    こんにちは。ヨーロッパを流れるドナウ川を、その源流地域ドイツからエーゲ海沿いのトルコまでカヤックで漕いでみよう!と、旅をしているジョアナです。半年くらいの放浪を予定ししている長い旅です。

    自己紹介するのは記事を書くときだけではなく、旅の途中で町の人に話しかけられても、ほぼこの通りの挨拶をしています。そして大抵、返ってくるのは、「えっ、どこで寝てるの?」という質問。答えは、野宿。川岸に、適当に平たくて、人が誰もこなさそうな場所を見つけてテントを張って、毎晩キャンプをしています。そして、キャンプの一番の楽しみといえば、そう、焚き火。

    ドイツの寒さを乗りこえて

    このカヤック旅を始めたのが2月の初旬。2月のドイツは、旅をしながら焚き火を楽しむには、厳しい季節でした。空は毎日どんより。薪になりそうなものはどれもちょっぴり湿っています。気温が寒すぎて、薪を集めて火をおこす気にもなりません。それに加えて日照時間が短いのも問題です。日の出が午前8時前で、日没が午後5時ごろ。一日漕ぎ終わるころには、うっすら暗くなり始めるので、薪集めに出かける気もおきず、すぐにテントに入って寝袋に包まるという生活パターンだったのです。

    上の地図をクリックして拡大すると、オーストリアを越えてすぐ、ハンガリーとスロバキアの国境が交わることがわかります。

    そんな私が今回のカヤック旅ではじめて焚き火をしたのが、出発から1か月半が経過した3月後半。厳しい寒さが急に和らぎ、やっと焚き火をする気になったのです。春がやってきました。これはこの旅でドイツ、オーストリア、スロバキアと移動してきて、4か国めのハンガリーへ入ったころの出来事でした。

    ふたつの国をカヤックで行ったり来たり

    ハンガリーの国境がドナウ川に食い込むあたりの地図を少し拡大してみると、川の形に、ある特徴がみられます。

    ものすごく細長い島を境目に、ドナウ川が二分されているのです。北側の太い方は、大きな船だけが通れる水路。そして南側の細い方は、カヤックなど小さな船が通るための水路。たくさん枝分かれしていますが、全部あとで合流して、ひとつのドナウ川に戻ります。

    ドナウ川をふたつの水路に分岐する水門

    ドナウ川をふたつの水路に分岐する水門。

    上の写真は、細い方のドナウ川と、太い方のドナウ川を隔てる水門。ドイツのウルムという町を出発してから、この日までドナウ川で越えてきた水門の数はおそらく、30以上。でもこの水門のあとは、ハンガリーを抜けてセルビアの水門に行くまで、ドナウ川本流約800kmの間は、越えなければいけない水門は現われません。喜びの、笑顔。

    スロバキアとハンガリーの国境付近の展望台から見おろすドナウ川

    スロバキアとハンガリーの国境付近にある展望台からドナウ川を見おろす。

    水門の近くにある展望台から見おろろすドナウ川は、まるで海のように大きく膨らんでいます。この展望台から見て右側に続くのが、船が通るための大きなドナウ川。そして左に現われるのが、水門、私が漕ぐ小さなドナウ川です。

    小さなほうのドナウ川へ

    カヤックなどが通る細いほうのドナウ川

    カヤックなどが通る細いドナウ川の風景。

    あれだけ海のようだった川幅が、急に細くなってしまいました。このカヤックが停まっているのは、スロバキア側。対岸がハンガリー側です。この小さなドナウ川に沿って、スロバキアとハンガリーの国境が敷かれているのです。

    今回は、ちょっと「お花を摘みに」スロバキアに上陸しました。

    ハンターか釣り人のものと思われる秘密基地

    秘密基地を発見。ハンターか釣り人のものと思われる。ハンガリー側。

    それから、対岸のハンガリー側に、枝で組まれた秘密基地のようなものを見つけて上陸を試みたり。

    ハンガリーとスロバキアは、ひとつの国として出入国を管理するシュンゲン協定内。だから、国境を越えてもパスポートチェックはなく、こうして自由に行き来することができるのです。

    このあたりは両岸とも地元の釣り人やハンターがよく訪れるスポット。この日、私が見かけたのは、テントの周りに釣り竿を何本も設置して、まるで魚を待ち伏せするようなスタイルで釣りをする人たち。それから、胴長を着て川に入り釣り糸を遠くまでビュンビュン飛ばす人たち。さらに、焚き火が成功したのか歓喜の声をあげてはしゃぐ3人の若者。なんだか私も、焚き火がしたくなってきた。この日は漕ぐのを早々に切り上げて、適当な場所を見つけてキャンプすることに決めました。

    キャンプに国境はない

    この日、私が選んだキャンプ地はハンガリー側。

    ちなみに私の携帯電話のSIMカードはドイツで買ったもの。EU圏内であればどの国でも使用できる便利なSIMカードです。とはいえ、国境を越えると通信会社の管轄が変わるのか、スロバキアからハンガリー側に上陸した途端、「ハンガリーへようこそ!EU圏内なのでローミング料金は無料です」とメッセージが。「たしかに国境を越えているんだなあ」と実感したものの、キャンプの楽しみ方は国境を越えても変わりません。

    焚き火を起こす準備中

    焚き火を起こす準備中。

    燃えそうな枝を拾ってきて。適当な長さに折って集めます。

    焚き火に鍋を置く

    焚き火に直接、鍋を置く。

    炎が落ち着いてきたら、鍋を置いて料理を開始。今夜のメニューはスパゲティ。

    愛用する取手が長いホットサンドメーカー

    愛用している取手が長いホットサンドメーカー。

    ちょっと古くなってパサパサしてきたパンは、ホットサンドにすればおいしく蘇る。チーズと、ハムとケチャップを挟んでいただきます。取手が長いホットサンドメーカーなら、焚き火で料理しても、手が熱くならずに楽ちん。

    ドナウ川と、私のテント

    ドナウ川と、私のテント。ハンガリーにて。

    よく食べて、よく寝て、それから迎える穏やかな朝。キャンプの楽しみに国境は、関係ないんだなあ。これから行く先々で、どんなキャンプ地を見つけて、どんな焚き火ご飯を作れるか、楽しみです。

    私が書きました!
    剥製師
    佐藤ジョアナ玲子
    フォールディングカヤックで世界を旅する剥製師。著書『ホームレス女子大生川を下る』(報知新聞社刊)。じつは山登りも好きで、アメリカのロッキー山脈にあるフォーティナーズ全58座(標高4,367m以上)をいつか制覇したいと思っている。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    自転車冒険家 シール・エミコさんに聞く「がんを乗り越えるという冒険」【動画公開中】

    2022.10.05

    素人だけど挑戦!セーリングヨットで楽しむ「世界一周家族旅行」

    2022.09.30

    パブリック・フットパスなら自由自在!イギリスの田舎を歩いてみよう

    2022.09.20

    ディフェンダーの特装車で、南アフリカ動物保護区のアニマルウォッチングへ

    2022.09.17

    セルビアの大空を人生初のパラグライダーでフライト。ドナウ川カヤック旅から夢の空の旅へ!

    2022.09.16

    いつかは行きたい、世界最大の氷河原を見に行くロードトリップ!

    2022.09.12