「菜の花とパンのガーリックソテー」で春キャンプを彩ろう!”おつまみ”や”小腹がすいたとき”にも | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • 「菜の花とパンのガーリックソテー」で春キャンプを彩ろう!”おつまみ”や”小腹がすいたとき”にも

「菜の花とパンのガーリックソテー」で春キャンプを彩ろう!”おつまみ”や”小腹がすいたとき”にも

2022.03.21

できあがった「菜の花とパンのガーリックソテー」

「菜の花とパンのガーリックソテー」。テーブルに運ぶと、「わぁ~おいしそう」と歓声があがりました。

春の陽気にぴったりの軽食メニュー「菜の花とパンのガーリックソテー」

春を感じられる気候になってきましたね。いよいよ春本番。カラダにも春の食べ物をどんどん摂り入れていきましょう。

「菜の花とパンのガーリックソテー」は、菜の花のほろ苦さにパンのカリッとじゅわっとした食感がなんともおいしい、春らしい一品に仕上がりました。

【菜の花とパンのガーリックソテーのレシピ】

今回使用した材料

今回使用した材料です。

【材料】2~3人分

  • 菜の花 1束
  • バゲット 1/2本分
  • ニンニク 1片分
  • エクストラヴァージンオリーブオイル 大さじ3~4(パン用)、大さじ1(菜の花用)
  • 塩 小さじ1/3
  • こしょう 少々
  • くるみ(あれば) 適量

<下準備>

  • 菜の花は食べやすい大きさにカットします。太い茎と葉の部分を分けるようにカットします。
  • バゲットを食べやすい大きさに乱切りにします。
  • ニンニクはみじん切りにし、パン用と菜の花のソテー用で半量ずつ使います。
  • くるみ(あれば)は粗く砕きます。

<作り方>

(1)フライパンに大さじ3のオリーブオイル、みじん切りにしたニンニクの半量を入れ弱火で温めます。

(2)オイルが温まってきたら、カットしておいたバゲットを加え、火加減は中火で炒めていきます。

フライパンでバゲットを炒めている様子

カリッとするまでしっかりと炒めます。

(3)バゲットを入れると、はじめはバゲットがオイルを吸ってしんなりとしていますが、炒めていくうちにカリッとしてきます。

(4)バゲットがカリッとしてきたら一旦、取り出しておきます。

(5)(4)の空になったフライパンに大さじ1のオリーブオイルを入れ温めます。

(6)菜の花の茎の部分を入れ、はじめは動かさず焼き色がつくくらいしっかりと焼いていきます。

菜の花を炒めている様子

しっかり焼いたら、トングを使って全体にオイルがなじむように混ぜ合わせながら炒めます。

(7)茎の部分がある程度炒めたら、残りのニンニクのみじん切りとくるみ(あれば)を入れ、葉の部分の上にのせ、軽く塩、こしょうをしたら蓋をして、蒸し焼きにします。

菜の花の葉の部分を入れている様子

葉を入れたら、蓋をしてしんなりするまで蒸し焼きにします。

(8)蒸されたら、火加減を中火にして水分を飛ばします。

(9)水分が飛んだら、炒めておいたバゲットを戻してサッと炒め合わせればできあがりです。

できあがりの画像

パンはカリッと、菜の花もちょうどよく仕上がりました。

おいしいオリーブオイルを見つける方法

お店に行くと、オリーブオイルの種類の多さに、どれを選べばいいのか迷ってしまうことがありますね。まずは気になるものをいろいろ試してみるのが一番だと思います。

オリーブオイルの味を確かめるのにおすすめなのが、パンに少量のオリーブオイルと塩をつけて食べる方法。

オリーブオイルは、オリーブの果実から搾取された100%天然のオイルです。産地によって色、香り、味などがまったく違うので、いろいろな種類のオリーブオイルを試して、好みの味、香り、価格など、総合的なバランスを考えて自分に合ったおいしいオリーブオイルを何本か見つけておくといいですよ。

春の食材~菜の花

菜の花は、アブラナ科の花野菜。旬の時期は産地によって違いますが、冬から春にかけて、だいたい3~4月くらいが旬といわれています。

菜の花の画像

菜の花は調理する前に水につけるとシャキッとしておいしくなりますよ。

おいしい菜の花の見分けかたは、葉が柔らかくハリのあるもので、蕾も小さくギュっと締まっているもの。花が咲いているものは蕾のままのものと比べて苦みを強く感るといわれていますが、個人的には、少し黄色い花が入っているくらいが目にも楽しく、その苦みもおいしく感じます。

会話がはずむ一品。”おつまみ”にもぴったり

「菜の花とパンのガーリックソテー」の作り方はとてもシンプルです。おいしいオリーブオイルとおいしい塩でぜひ作ってみてください。おつまみとして楽しむときには、鷹の爪を入れてもおいしいです。

私が書きました!
料理研究家
小牧由美
東京を拠点に食に携わる仕事で20年以上活動。その間、ヴィーガンカフェの店長を務め、レシピ・商品開発から体調改善に特化したメニューを考案し、カウンセリングにも従事。現在は、野菜や果物、ナッツなど、旬の素材を中心とした料理やローフード、ヴィーガンレシピの創作、商品開発などを行っている。http://yamabon.jp/
この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • 「菜の花とパンのガーリックソテー」で春キャンプを彩ろう!”おつまみ”や”小腹がすいたとき”にも

関連記事

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。