おやじ友達マルティがプレゼントしてくれたマルティニ(Marttiini)社のナイフ[読者投稿記事] | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • おやじ友達マルティがプレゼントしてくれたマルティニ(Marttiini)社のナイフ[読者投稿記事]

    2021.04.26

    私の宝物アウトドアギアは、フィンランド人の友人であるマルティが12年前、ラップランドのユッラス(Yllas)からクリスマスギフトに贈ってくれたマルティニ(Marttiini)社のナイフです。

    私は93年と04年の2回、マルティが住むフィンランドのユヴァスキュラでそれぞれ2週間の夏休みを過ごしました。毎日カヤックをしてサウナに入り、ラップランドへ小旅行ハイキングにも行きました。その時に彼のナイフを借りたのがきっかけで、彼がナイフをプレゼントしてくれました。ナイフには私の名前の刻印も入っていて、同梱してくれたカタログには『コレだよ!』と印がしてありました。

    写真はラップランドの休憩エリアで薪を手斧で割り、それにナイフで無数の切り込みを入れて火をおこす準備をしているマルティです。彼の腰にはナイフの鞘がぶら下がっていますが、これと同じシリーズのモノをプレゼントしてくれました。休憩箇所には薪も斧もあり、割った薪にナイフでささくれをつくって火をおこしました。ラップランドではビジターは自己責任において、薪も斧も自由に使えます。そのためには森の中でナイフを使い、火をおこすことがどういうことであり、どういう義務と責任を伴うかも教えられているそうです。

    同梱してくれたカタログには『コレだよ!』と印がしてありました。ナイフを使って焚火の薪にささくれをつくっているこどもの写真も載っています。
    私も含めて日本人にはナイフというと「旅のお供のスイスアーミーナイフ」がお馴染みです。小刀ナイフには危険がつきものですが、フィンランドのように大人が子どもにきちんと「その利便性と危険性」を教えることも重要だなぁと思います。このナイフ、私の代で終わらせるのはもったいない!ので、私が引退?するときには娘にナイフの使い方を教えて受け継ぎたいと思っています。

    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    ハチぱんだ57Kさん

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    モーラナイフにとって最大のライバルは…ゲームとスポーツだった!?

    2022.12.06

    モーラナイフを使ってフルーツカービングを楽しむ方法とは?始め方と注意点を紹介

    2022.11.16

    叩く目印付きで失敗しない!多喜火鉈は薪割りの頼れる相棒だ

    2022.11.01

    ハンドルは2種類!DLCコーティングの墨色が男前なセミカスタムナイフ

    2022.10.03

    土佐伝統の鍛冶工房とBE-PALがタッグ!伝統の小割り鉈がよみがえった

    2022.09.26

    愛用の包丁をキャンプでも!貝印トップブランド「関孫六」発のブレードガード

    2022.09.06