40年物の大切なナイフ[読者投稿記事] | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 40年物の大切なナイフ[読者投稿記事]

    2021.04.19

    もうすぐ定年になる私。
    キャンプのきっかけは小学生低学年から始めたボーイスカウト。
    カブスカウトで小学生の高学年になった頃に、今は亡き父親が買ってくれたエバニュースポーツナイフNo12。
    中学生になってからはプライベートでもキャンプに行くようになり、これ一本で木を削ったり、料理をしたり、時には藪こぎや、夜営地の草刈りもしていました。
    大学生になって家から離れたせいもあり、暫くキャンプから離れていたことこともあったのですが、30歳になる頃には子供もできて、今度は子供を連れてキャンプを始めようと思い、実家に置き去りだったキャンプギアを探して見たら、殆どの物は無くなっていましたが、このナイフは父が油紙に繰るんで大切に保管してくれていました。

    それから20年以上経って、手にしてから40年以上前の物ですが、ブッシュクラフト、フェザースティック、時には川魚を裁いたりと、今でも現役で使ってます。
    オピネルなど、他にもいくつかの小型ナイフを持っていますが、長年使ったこのナイフがやっぱりしっくり来て、他のナイフは持っていかなくとも、このナイフは私のキャンプには欠かせない存在。
    そして何よりも、子供の頃からキャンプに送り出してくれた父に感謝し、いつかキャンプから引退する日が来るまで、手入れをしながら大切に使って行こうと思ってます。

    ケースも買った当時のもの。
    縫っている糸が切れて来たので、レザークラフト用の糸で補修したり、傷んだ部分を補強をしていますが、オリジナルのまま。

    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    kazuさん

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    土佐伝統の鍛冶工房とBE-PALがタッグ!伝統の小割り鉈がよみがえった

    2022.09.26

    愛用の包丁をキャンプでも!貝印トップブランド「関孫六」発のブレードガード

    2022.09.06

    夏休みにデビューしよう!子どものファーストナイフの選び方

    2022.08.11

    火おこし愛好家に捧ぐ!意外と珍しい「ファイヤースチール付き」の鉈

    2022.07.23

    3種の「村の鍛冶屋×藤次郎 アウトドア包丁」でキャンプ飯の格上げが叶う!使い勝手を徹底レビュー

    2022.07.21

    マットブラックのタフな逸品!アウトドアショップ「オレンジ」と「サンガ)」のコラボナイフ

    2022.07.13