錆びた鉈のメンテナンス[読者投稿記事] | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 錆びた鉈のメンテナンス[読者投稿記事]

    2020.02.12

    っていうか、レストアですね。

    年末の餅つきの時に、実家の倉庫で発見した鉈です。
    「復活させてやる!」と、借りてきたものの、かなり手強そうです。
    Google先生の情報を参考に、重曹とクエン酸でサビを取ることにしました。
    (サンポールでも簡単に取れるみたいですが、本体へのダメージがあると書いてあるところを見つけたので、この方法は却下。)

    まずは、簡単な方法の、重曹ペーストを使った方法を試してみます。
    重曹はアルカリ性なので、主に鉄の酸化物であるサビを中和させて取るという原理ですね。
    重曹に水を加えていきます。ちょうど白玉団子を作る時の硬さくらいです。

    両面にペタペタ、おしろい祭りのように塗っていきます。
    軽いサビであれば、30分くらい放置してメラニンスポンジなどで擦れば簡単に取れるそうですが…

    ですよねー。

    表面のサビが少し取れたくらいです。
    ほぼ変わっていません。
    なので、クエン酸を使った方法に切り替えます。

    クエン酸水を作り、2時間ほど漬け込みます。
    お湯の方が溶けやすいので、40℃くらいのお湯で溶かしました。
    クエン酸は、名前から推測できるとおり、重曹とは真反対の酸性です。
    サビが取れる原理としては、鉄自体を溶かしサビを剥離する…です。
    濃度や、サビの頑固さによって漬け込む時間が変わってきますが、僕は1リットルのお湯に対して、クエン酸大さじ5杯入れました。

    最初は透明だった水溶液も、だんだん黄色に変色してきました。
    よく見ると、鉈から細かい気泡が発生しています。

    【注意】
    クエン酸のパッケージにも書いてありますが、他の洗剤等と混ぜると非常に危険です。
    取り扱いには十分注意してください。
    それと、匂いがキツいので、風通しの良い場所や換気をしながらの方が良いです。

    2時間後
    剥離したサビが、沈殿しています。
    軽く擦るだけでもサビが取れそうです。

    これから、引き揚げてワイヤースポンジで擦り落としていくわけですが、注意が必要です。
    酸性の水溶液に浸かっていたので、錆びやすくなっています。
    ワイヤースポンジを使い、水でしっかり洗い流した後、アルカリ性の洗剤で洗い中和させておきます。

    見事にサビが取れました。

    よく分からなかった刻印も、「白狐」と分かるまでになりました。

    さて、サビが取れたところで、次は研ぎです。
    斧用に買っておいた研ぎ石があったので、その研ぎ石で研いでみました。
    この研ぎ石は、荒目と細目が背中同士でくっついているタイプで、使い方は円を描くようにして使用します。
    大きな刃こぼれはないので、細目で研いでいきました。

    この鉈は、両刃なので裏側も同じように研いでいきます。
    完成の目安は、刃に指の腹を当て、刃に対して垂直方向にスライドさせ、指紋のザラザラ感が分かればOKだそうです。
    ※平行にスライドさせると、切れるので気を付けてください!

    さて、錆止めのオイルを塗って、これで終了でもいいのですが、折角なので黒錆加工を施してみます。
    詳しくは、2019.4.11にアップされている「錆びさせないために錆びさせる?」をみてください。

    錆びるし磁石が着くので鉄には間違いないんだけど、黒錆加工できませんでした。
    他の金属も混ざっているんだろうね。

    それでは
    仕上げにオイルを塗って完成です!

    キズや叩かれて潰れた背が、なんともいい感じです。
    新品のものより、こういう風に使い込まれている方が、味があって好きです。

    このまま、この鉈貰っちゃおうかな(^ ^)

    おまけ
    刻印の「白狐」って何だろうって調べてみました。
    はっきりと文字が見えるまでは、鉈を作成した人の名前かとも思ったのですが、違うようで…

    どうも陰陽五行思想が関係しているようです。
    5行とは、木・火・土・金・水の五元素のことで
    その5元素は相生(そうじょう)「木生火」「火生土」「土生金」「金生水」「水生木」と相克(そうこく)「木克土」「土克水」「水克火」「火克金」「金克木」の関係で循環しているそうです。
    色については青が木、赤が火、黄が土、白が金、黒が水を表し、狐は全身が黄色い毛で覆われているため土気の象徴として、また豊作祈願の対象として信仰されるようになったそうです。

    さて、「白狐」ですが
    白は五気のうち「金」、狐は「土」を表すので、白狐は「土生金」にあたります。
    そして、そこから白狐(土生金)は鍛冶・金物商の神様や商業(お金の)神様としても信仰されるようになったとのこと。

    でも、この刻印の意味は、全然違ってたりして^^;


    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    けいすけさん

    福岡県で薪ストーブのある家に住んでいます。
    ソロキャンデビューの弟を見守り中。
    もうすぐ独り立ちできそうです!

    ホーボージュンさんのような旅に憧れてます。

    今年の目標
    昨年は決行出来なかった、「九州縦断(北九州→鹿児島) & 鹿児島にてキャンプする!」を実現できるといいなぁ

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    モーラナイフを使ってフルーツカービングを楽しむ方法とは?始め方と注意点を紹介

    2022.11.16

    叩く目印付きで失敗しない!多喜火鉈は薪割りの頼れる相棒だ

    2022.11.01

    ハンドルは2種類!DLCコーティングの墨色が男前なセミカスタムナイフ

    2022.10.03

    土佐伝統の鍛冶工房とBE-PALがタッグ!伝統の小割り鉈がよみがえった

    2022.09.26

    愛用の包丁をキャンプでも!貝印トップブランド「関孫六」発のブレードガード

    2022.09.06

    夏休みにデビューしよう!子どものファーストナイフの選び方

    2022.08.11