【自慢のアウトドアカーライフ】我が家の定番 南阿蘇でピクニック![読者投稿記事] | クルマの旅・ドライブ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【自慢のアウトドアカーライフ】我が家の定番 南阿蘇でピクニック![読者投稿記事]

    2019.11.28

    南阿蘇鉄道沿線にある、とある湧水池の駐車場です。熊本大震災の1年半後に行ったときの写真です。
    三息子が幼い頃から通っている場所で、
    春にはワラビ、たらの芽、クレソン、そして美味しい阿蘇の天然水と、自然の恵みを沢山頂けるところです。おにぎりだけ作って持っていき、現地の道の駅でお惣菜を買って、車の回りに椅子を広げてピクニック。湧水で淹れたコーヒーは最高ですよ!
    誰も来ないので子供達はフリスビーやキャッチボールで遊びます。

    晴れた日に外で食事するのはとても贅沢に感じます。何でも美味しく感じますよ。

    時おり、南阿蘇鉄道のトロッコ列車が走り、乗客の方々から手を振って頂いたり。こちらも振り返したり。

    2017年秋は小学館協賛の復興応援車輌が走ってました。撮り鉄の私には何よりも嬉しいプレゼントでした!

    青空に小学館の作家さん達のデザインが映えますね。
    よく見るとビーパルでお馴染みのキャラもありましたよ。
    この車輌を見たとき、胸が熱くなりました。小学館・ビーパル有り難う!

    2013年冬
    ハッチをあけて、かみさんが子供達におにぎりを支給してます。
    この当時は子供の分の椅子しかもっておらず、私は立って食事してました。
    機材は段々と揃えて行きました。これが我が家のアウトドアカーライフの原点なんです。

    2015年春
    トリオルック?の三息子達がそれぞれに遊び回ってます。かみさんはご飯の準備。誰も来ないので、常にドアは解放です!

    2019年春
    今年は桜が満開のタイミングで行くことができました。車はかわりましたが、相も変わらずのスタイルです。
    この場所こそ、我が家のアウトドアカーライフの聖地です。
    これからも、永く通いたいところ南阿蘇です。子供達が親になって自分の子どもをつれて行ってくれたら、至福の喜びでございます。南阿蘇鉄道の早期復旧を願っています。


    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    きよぴーさん

    忌野清志郎の熱烈ファン。剣道愛好家のジャスフィフ親父です!
    登山、渓流釣り、ロードバイク(トライアスリートでした!)に没頭したのはかれこれ20年前。以来、おうちより外が好きになりました。
    最近は、購入したり、自作したアウトドアグッズを、庭で使う事で欲求を満たしてます!

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 クルマの旅・ドライブ 』新着編集部記事

    東京・日本橋から京都・三条大橋まで東海道500km!晩秋のキャンピングカーひとり旅

    2022.11.19

    東田トモヒロ流バンライフ

    2022.10.13

    「ホテル・カリフォルニア」でバレーパーキングを15年ぶりに頼んでみたら

    2022.10.04

    必要な旅費は?反省点は?北海道キャンピングカーひとり旅・最終章

    2022.09.24

    ピストン西沢の ハッスル体験 〜新型ランクルを海でワイルドに撮ろう!

    2022.09.21

    話題のアイヌ文化施設「ウポポイ」から函館へ!函館観光のRVパークのおすすめも紹介

    2022.09.13