行動食の正しい選び方。コンビニで買える、おすすめ商品4選 | 山・ハイキング・クライミング 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 山・ハイキング・クライミング

    2022.03.01

    行動食の正しい選び方。コンビニで買える、おすすめ商品4選

    山をバックに1本満足シリアルバーを手で持つ

    登山やハイキングで、エネルギー不足にならないために欠かせない「行動食」。栄養補助食品やチョコレート、スナック菓子など選択肢がたくさんあるので、何を選んだらいいのか悩みませんか?

    そこでこの記事では、行動食の正しい選び方をまとめています。

    コンビニで買えるおすすめ商品も紹介しているので、参考にしてくださいね。

    行動食が必要な理由

    ハイキングコースの一本道

    見晴らしのいい場所で食べると、より美味しく感じられるのはなぜでしょうか。

    登山やハイキングでは、数時間体を動かし続けます。そのため、朝、昼、晩の食事ではカロリーや栄養が補いきれず、スタミナ切れを起こすことも。そこで食事と食事の間に、行動食といわれる、高カロリーで栄養価の高い間食をとるのです。

    行動食は、歩きながら、もしくは立ったまま食べるのが基本。小休憩のたびに腰を下ろしてゆっくりとエネルギーチャージをしていては、テンポが悪くなり、計画倒れしてしまうからです。

    万が一遭難したり怪我をしたりして、下山ができない時の命綱にもなります。不測の事態の備えとして、短時間の登山でも行動食を携帯しましょう。

    行動食の選び方

    スナック菓子、ポッキー、綿菓子、クッキー、カルパスなどが所狭しと並ぶ

    持参する量が多すぎても邪魔になるので、厳選しましょう。

    行動食にはいろいろな種類があるので、「何を選んだらいいのか分からない」という方も多いでしょう。失敗しないためのポイントが、4つあります。

    1.少量でエネルギーチャージできるもの

    行動食は、小分けにして食べます。なぜなら、一度にまとめて食べると消化にエネルギーが使われて、筋肉に十分血液が回らなくなったり、胃もたれを起こしてしまったりすることがあるからです。

    そのため、少量で必要なカロリーや栄養を摂取できる食品を選びましょう。

    消化吸収が良く、すぐにエネルギーに変換されるものと、腹持ちが良く、ゆっくりエネルギーに変換されるものを組み合わせるのもポイントです。

    2.持ち運びのしやすさ

    思い立った時にすぐに取り出して食べられるパッケージや、形状のものを選びます。

    当たり前ですが、全てのゴミが持ち帰りになります。外箱や包装用フィルムは、できるだけ自宅で破棄しておくといいでしょう。

    3.バランスを考える

    日常生活で疲れた時は、甘いものが定番ですよね。確かに、糖質はすぐにエネルギーに変わるため、登山でも必要不可欠です。

    しかし、長時間の運動をサポートするためには、汗をかいて失われる塩分やエネルギー変換に必要なビタミン類も必要です。また、少量で効率よくエネルギーを生み出せる脂質も一緒に取れるものを選ぶようにしましょう。

    行動食は数種類用意すると、いろいろな栄養素をバランスよく摂取できます。

    4.嗜好に合っているか

    行動食は、エネルギー補給だけではなく、疲れた時のご褒美的な要素もあります。食べた時にテンションが上がるような、嗜好に合ったものを選ぶのがおすすめです。

    また、疲労感が強い時は甘いもの、汗をかいた時は塩気が強いもの、と体は自然とその時に不足しているものを欲します。

    甘いもの、しょっぱいもの、酸っぱいものなど、数種類の行動食を携帯するのがおすすめです。

    コンビニで買えるおすすめ4選

    コンビニは個包装のお菓子や1人用の食品が豊富なので、行動食を選ぶのにピッタリです。美味しくて、効率的にエネルギーチャージできる商品を紹介します。

    1本満足バーシリアルチョコ

    プロテインバー(一本満足バー)

    プロテインバーやシリアルバーをいくつか食べましたが、個人的にはこれが断トツで美味しいです。

    バータイプのシリアルは、歩きながら食べるのにピッタリです。

    4本の切れ込みが入っていてるので、ちょこちょこ食べやすいのもポイント。食べ応えも抜群です。

    クランキーポップジョイ

    クランキーポップジョイ

    コンビニは、小袋に入ったチョコレートが豊富!私が行ったコンビニには10種類ほどありましたよ。

    長時間の登山には、糖質と脂質が同時に摂れるチョコレートがおすすめです。

    ポケットに入れると、冬場でも体温で溶けてしまうことがあります。シュガーコーティングされているものや溶けにくい製法で作られているものをチョイスしましょう。

    ほどよい甘さの甘い干し梅

    セブンプレミアム、程よい甘さの甘い干し梅

    すっぱすぎず食べやすいです。酸味が苦手な方は、はちみつ梅もおすすめ。

    塩分不足になると一気にバテるので、塩分チャージできる行動食も持参しましょう。梅干しの酸っぱさの元であるクエン酸は、疲労回復効果があるといわれています。ビタミンやカリウムが摂れるのも魅力!

    「ほどよい甘さの甘い干し梅」は種無し&チャック付きパックにまとめて入っているので、ゴミが最小限なのも嬉しいポイントです。

    1日分のナッツ&フルーツ

    一日分のナッツ&フルーツ

    食べきりサイズで持ち運びに便利です。

    ナッツは糖質やたんぱく質、脂質などがバランスよく含まれています。ナッツに含まれる不溶性食物繊維は、胃の中で膨らむため、腹持ちが良いのもポイント。

    ボトルに移しておけば、そのまま口に流し込めるので、手が汚れている時に便利です。

    お気に入りの行動食でパフォーマンスをUP

    長時間体を動かす登山やハイキングでは、エネルギーを補給するための行動食が必要不可欠です。

    少量でバランスよくエネルギーチャージできるものを選ぶのがポイント。その他にも、携帯しやすさや、嗜好に合わせてチョイスしましょう。

    コンビニでは、行動食にぴったりな食品が手軽に買えます。登山やハイキングをする際は、不測の事態が起こる可能性が0ではないので、行動食を忘れずに持参してくださいね!

    私が書きました!
    ママライター
    藤永瞳
    子どもと不便を楽しむ」がモットーのママキャンパー。製菓衛生師の資格を活かし、”簡単・美味しい・見栄えよし”の3拍子揃ったキャンプ飯を考案する日々。ここ数年は子どもと気軽にできるデイキャンプに夢中。

    NEW ARTICLES

    『 山・ハイキング・クライミング 』新着編集部記事

    高尾山のその先へ。小仏城山・景信山を繋ぐ縦走登山で山登りの醍醐味を満喫

    2024.06.10

    愛知県で人気の低山=猿投山。見どころ満載!癒し系ルートを地元在住ライターが教えます

    2024.05.31

    愛犬と日光白根山ロープウェイで雲上ハイキング【災害救助犬 コアと家族の日記 Vol.16】

    2024.05.30

    南千住にある白髭富士を目指して【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.60】

    2024.05.30

    BE-PALおすすめの低山24選!初心者も山好きもハイキングを楽しめる名山ばかり

    2024.05.30

    天保山、モエレ山、摺鉢山…あっという間に登れる!全国7大都市「お散歩登山MAP」

    2024.05.29

    登山の後は…温泉でまったり!ご褒美湯が近くにある低山10選 

    2024.05.29

    高尾山に登る際の服装は?最低限必要なものから、あったらいいものまで解説!

    2024.05.28