「白みそ」と「いりこ」と「大福」。奇妙な組み合わせだけど、とてもおいしい香川の雑煮【PR】 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • 「白みそ」と「いりこ」と「大福」。奇妙な組み合わせだけど、とてもおいしい香川の雑煮【PR】

「白みそ」と「いりこ」と「大福」。奇妙な組み合わせだけど、とてもおいしい香川の雑煮【PR】

2021.12.30PR

アウトドア派の料理家・蓮池陽子さんによる「ソトみそスープ」の3回目。今回は、お正月のお雑煮です。各地に個性派のお雑煮は数あれど、そのなかでもひときわ異彩を放つのが、香川県の「あんもち雑煮」。いりこだしの甘い白みそ汁に、あんこ入りの丸餅が入っています。それっておいしいの、と思うかもしれませんが、ご心配なく。陽子さんはちゃんと現地で食べています。「衝撃のおいしさ…」だとか。いりこは、できれば同じ香川県伊吹島産などの上質ないりこを使いたい。白みそ(米麹の量が多い甘いみそ)も瀬戸内産のものを使用しました。「同じ産地のものを使えば、相性に心配はない」というのが陽子さんの考え方。具は、市販の大福と金時人参(鮮やかな紅色が特徴)だけなので、アウトドアでも簡単。お正月らしく、人参を花形に型抜きすれば完璧です。

青のりの磯の香りと、いりこのコク、白みその甘さが溶け合った不思議な味。不思議だけど、たしかにおいしい。溶け出した大福の外側(餅)だけでもおいしいけれど、その中にあんこというお楽しみが残っているのが、このお雑煮の楽しさ。みその塩気があんこの甘さを引き立てます。

みそ大好きの陽子さんによる「ソトみそスープ」は、Facebookの「みそパル」でも月に4回公開中です。その中から厳選したメニューを『BE-PAL』本誌(次回は2022年2月号)でも紹介しています。こちらもお楽しみください。

【陽子さんのソトみそスープ 第3回 あんもちの白みそ雑煮】

●材料(1人用)ロッキーカップを使用

いりこのだし汁…150ml

小さめの大福…1

金時人参(薄切り花形)…1枚

青海苔…少々

白甘みそ…大さじ1

●作り方

1、ロッキーカップにいりこのだし汁を沸騰させ、金時人参を入れて火を通す。白みそを溶き入れる。

2、別のカップ(シェラカップ等)で湯を沸かし、煮崩れないように大福をゆでて(あたためて)1にそっと加える。金時ニンジンを飾り、青海苔をかける。

 

協力:みそ健康づくり委員会

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • 「白みそ」と「いりこ」と「大福」。奇妙な組み合わせだけど、とてもおいしい香川の雑煮【PR】

関連記事

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。