キャンプで作る簡単デザート!BBQコンロで「みたらし団子」を作ろう | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプで作る簡単デザート!BBQコンロで「みたらし団子」を作ろう

    2021.11.21 さとう あい

    炭火で作るみたらし団子は、キャンプで喜ばれる簡単デザート

    ゆっくり過ごすキャンプでは、簡単なデザート作りに挑戦するのもおすすめです。BBQコンロで炭火で焼くみたらし団子は、香ばしい焦げ目が特徴の簡単キャンプデザートです。

    豆腐を使うことで、もちもちの食感に仕上がるので、冷めても美味しく食べることができますよ。みたらし団子と合わせて作りたい、三色団子の作り方もご紹介します。どちらも必見です。

    材料(3人前)

    今回使用した食材です。

    だんご粉 150g
    絹ごし豆腐 160g

    <調味料>
    醤油 大さじ2
    水 大さじ4
    みりん 大さじ1
    砂糖 大さじ2
    片栗粉 小さじ2

    作り方〜事前準備〜

    粉っぽさがなくなるまでよく混ぜます。

    ボウルにだんご粉と絹ごし豆腐を入れて混ぜます。

    水分が足りない場合は、手に水をつけて少量ずつ水気をプラスしましょう。

    全体に水分が行き渡り、なめらかな状態になるまでよく混ぜます。

    中心で割った状態です。

    ひとまとめにしたものを半分に割って、粉っぽさが残っている部分がないか確認をします。

    大きさを揃えると、仕上がりが綺麗になりますよ。

    食べやすい大きさにちぎって、丸めていきます。

    鍋底にタネがくっつきやすいので、必ず湯が沸騰したところに入れましょう。

    鍋に湯をたっぷり沸かして、丸めただんごを茹でます。

    弱火〜中火でゆっくり煮ることで中心まで火が入ります。

    5分ほど弱火で茹でると、上に浮いてくるのでその状態で1分ほど待ちます。

    だんごに傷がつかないように気を付けてすくいましょう。

    網でだんごを取り出します。

    氷がない場合は流水でよく冷やしましょう。

    ボウルに取り出し、氷水でしっかりと冷やします。

    水分はザルでよく切ってから容器に入れます。

    水気を切って、保存容器にだんごを入れます。

    ダマになりやすいので、ごく弱火で作業をしましょう。

    みたらし団子のタレを作ります。調味料を全て鍋に入れて弱火で加熱します。

    沸騰させないように注意しながら作業しましょう。

    絶えず鍋の中をスプーンで混ぜながら、ごく弱火で加熱します。だんだんととろみがついてくるので、スプーンにタレがのるくらいの濃度になったら火を止めます。

    液体系の持ち運びには、しっかり密封できるスクリュータイプの口の容器がおすすめです。

    粗熱が取れたタレを保存容器に入れます。

    クーラーボックスなどで保冷して持ち運びましょう。

    とろみをつけたみたらしのタレと、茹でただんごを事前に自宅で準備していくことで、現地の作業が格段に楽になりますよ。

    作り方〜現地作業〜

    串打ちの作業は簡単にできるので、お子様と一緒に行ってもいいですね。

    だんごを串に刺します。

    1つの串に4〜5個くらいのだんごを刺します。

    串を刺し終わっただんごをバットなどに並べ、火を起こします。

    BBQの残火がある場合は、それを利用しても大丈夫です。

    焼き網にサラダ油(分量外)を少量塗ってから、串に刺しただんごを焼きます。

    美味しそうな焼き目がついてきました!

    表面に焼き色がついたら裏返して両面焦げ目をつけます。

    スプーンでも手軽にタレをつけることができます。

    焦げ目がついただんごに、みたらしのタレを塗ります。

    タレは全体に薄くつけましょう。

    タレを細長い容器に入れておくと、全体に絡みつきやすく便利です。

    お好みでタレを追加で塗っても美味しく仕上がります。

    だんご全体にタレがついたら、再び表面を焼いて焦げ目をつけます。こんがりと焦げ目のついたみたらし団子は、香りもよくもっちりとした食感が最高ですよ。

    アレンジレシピ:三色団子の作り方

    だんごの食材に砂糖を追加して、色付けをすることで完成する三色団子も、キャンプのおやつにおすすめです。

    カラフルなだんごが綺麗です。

    みたらし団子の食材に砂糖を30gほど追加すると、そのまま食べても美味しい串だんごになります。抹茶(緑)と、赤色の食紅(ピンク)で色付けすると見た目にも楽しい三色団子になります。

    好みの色に色付けすることで、可愛らしく仕上がります。

    茹でるだけで完成し、豆腐の効果でいつまでも柔らかく美味しい食感が楽しめるので、キャンプのおやつに重宝しますよ。

    みたらし団子は、小腹が空いた時のキャンプの簡単おやつに最適!

    キャンプのデザートは、手軽に作れるだんごがおすすめです。

    キャンプでは、食事作りやおやつ作りの時間も楽しい時間のひとつです。アウトドアならではの、炭火を使ったデザートメニューは、簡単なものでも特別感がありますね。

    モチモチ食感が楽しめるだんごレシピを、ぜひキャンプのデザートにご活用ください。

    私が書きました!
    料理家
    さとう あい
    宮城県仙台市在住の料理家。フードコーディネーターや、学校講師など下積み時代を東京で過ごし、飲食業界に携わること20年以上。現在は料理教室の運営や飲食店へのメニュー提案などをする傍ら、レシピライター としても活動中。2児の母でもあり、子どもと海や川、山などアウトドアへ出かけるのが日課

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    アマノフーズのフリーズドライがキャンプ飯にぴったり!鮭のポタージュシチューレシピ

    2022.12.02

    少ない資源で調理可能! オートミール&焼きそば麺を活用した防災レシピ6選

    2022.11.29

    マルタイの「棒ラーメン」で作る 、簡単&激ウマキャンプレシピを公開

    2022.11.27

    キャンプの油処理にはわたくしを!ナノファイバー製油吸着材「ベルサイユのわた」

    2022.11.27

    冬に!ダイソー「フォンデュポット」でチョコフォンデュとアヒージョ作り

    2022.11.23

    「缶つま」で作る、キャンプめしにぴったりなぶり大根レシピ

    2022.11.22