コンパクトなのに室内は驚くほど広々!ファミリーユースに最適なキャンピングカー「TOM23」 | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2021.08.21

    コンパクトなのに室内は驚くほど広々!ファミリーユースに最適なキャンピングカー「TOM23」

    アルミボディにより、抜群のフットワークを実現

    マツダのボンゴが昨年に製造を終了したことで、キャンピングカー界ではコンパクトトラックのベース車両がボンゴトラックからトヨタのタウンエーストラックへと移り変わってきています。今回は、そんなタウンエーストラックをベースに、オリジナリティあふれるアルミボディを採用したセキソーボディの「TOM23」を紹介しようと思います。

    TOM23 乗車定員:6人/就寝定員:5人。TOM23の全長×全幅×全高:4880×1920×2630mm。一般的なミニバンであるトヨタ ノア(2WD・2.0Si)の3サイズは4710×1735×1825mmよりも大きい

    「TOM23」と言えば、2008年にライトエーストラックをベースにデビュー。当時、国内ではFRP製のボディが一般的でしたが、最先端をいく欧州製のキャブコンバージョンで一般的だったアルミ製のキャンピングシェルを採用し、爆発的なヒットとなりました。その理由としては、架装重量のあるFRPボディとは異なりアルミボディだと製作の手間は掛かってしまうものの、ボディ強度が大幅にアップしつつ軽量化を実現することができるからです。また、リサイクルができるところも環境面でみると優れています。

    昨年、トヨタの車両整理によりライトエースが廃止になってタウンエースに統一されました。同時にマイナーチェンジが図られ、新開発1.5L「2NR-VE」型ガソリンエンジンを搭載し低中速のトルクが厚くなったほか、アイドリングストップ機能やスマートアシストも装備されグンと商品の魅力がアップしました。

    そんな背景に合わせ、「TOM23」も大幅にブラッシュアップを敢行し新型へと進化しました。アルミによる軽量ボディにより車両総重量は約1.6トン。フロントシート上部にあるバンク部分も張り出しが少なく、走行中の空気抵抗を配慮したスタイリッシュなデザインを採用。

    フットワークも抜群で、新エンジンによるトルクのあるストレスのない走行性、アイドリングストップによる省燃費性も加わり、「キャンピングカーって走りや燃費が……」というネガティブ要素も減り、より魅力あふれるモデルになっています。

    クーラーも装着できて夏でも快適

    室内は後方にエントランスを設置し、リヤにキッチンとマルチルームを配したレイアウト。リヤキッチンにすることで、中央にあるリビングスペースは広々! エントランスから室内に入るとコンパクトなタウンエースをベースにしたとは思えない空間に驚かされました。

    リヤのキッチンユニットはシンクや65L冷蔵庫を標準装備。オプションで電子レンジの搭載も可能

    キッチンの奥にはゆとりの広さのマルチルーム。荷物置き場やポータブルトイレをセットしてトイレルームなど使い方は多彩

    中央にあるリビングは対面式のソファと横座りソファで構成され、大人5〜6人でも圧迫感を感じないゆったりとくつろげるスペース。ベッド展開も驚くほど簡単で、あっという間にリビング全面がベッドになり、その大きさはクイーンサイズ級。3人でも就寝できる広さになっています。

    2列目シートは前向きにセットもできるので移動中も快適。また、2列目シートを反転させテーブルをセットすればリビングに変身。大人数で食事や談笑するのにも余裕がある

    独自のシートロックにより簡単にベッド展開が可能。サイズは1820×1720mmとクイーンサイズ並みの広さ

    フロントシートの頭上にあるバンクスペースはスライド式のバンクベッドになっていて、引き出すだけでベッド展開できる。サイズは1300×1850mm

    また以前からオプションで家庭用クーラーの装備が可能だったのですが、新たにポータブルクーラーも選べるようになったのもニュース。ポータブルクーラーはリヤのキッチンキャビネット内にスッキリとインストールができるほか、クーラーの冷風能力は2.0kwで消費電力は490W、電流は5.2Aと、家庭用クーラーよりも消費電力を抑えることもできる仕様となっています。

    オプションのポータブルクーラーを装備した場合、排気ダクトを床下に逃がしているほか、室内全体に送風できるようキャビネットの中央に配置。ただし、冷蔵庫は65Lから49Lのタイプに変更される

    「TOM23」は取り回しやフットワークのいいキャンピングカーが欲しい。それでいて家族で使いたい。という人にオススメのモデルと言えます。気になる価格は484万円〜。

    問セキソーボディ
    http://sekisohbody.com/

    構成・写真/伴 隆之

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    LEDライトほか、100均「ダイソー」アイテムでキャンピングカーが快適に!イチオシはこれだ

    2024.07.18

    バンライフで生活費はいくらかかる?キャンピングカーでヨーロッパを旅する夫婦の費用を公開

    2024.07.17

    車内の傘立て、天井収納…100均「セリア」で買えるキャンピングカー快適化アイテムを試してみた

    2024.07.10

    車中泊の暑さ対策!キャンピングカーライファーが教える注意点と対策、おすすめアイテム

    2024.07.05

    松本明子さんが始めた軽キャンピングカーのレンタカー業、そのきっかけは?

    2024.06.28

    関東エリアほか絶景を楽しめるRVパーク続々誕生!富士山麓、夕日海岸、瀬戸内海で車中泊

    2024.06.28

    キャンピングカー旅の本場・ヨーロッパでの車中泊スポットの見つけ方!便利なアプリや治安事情も

    2024.06.20

    車中泊におすすめの寝袋38選!選ぶポイントからおすすめのメーカーまで紹介!

    2024.06.18