旨辛の肉味噌たっぷり!夏キャンプで食べたいジャージャー麺を作ろう! | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 旨辛の肉味噌たっぷり!夏キャンプで食べたいジャージャー麺を作ろう!

    2021.08.11 さとう あい

    旨辛の肉味噌たっぷり!おすすめキャンプ麺料理

    暑くなると、サラッと食べられる麺料理が重宝しますよね。キャンプでも、ご飯を炊くことなく用意ができる麺料理は、夏のキャンプの定番料理です。

    うどんや、そうめん、冷やし中華などもいいですが、ボリュームある麺料理が食べたい時には、肉味噌がたっぷりとのったジャージャー麺がおすすめです。

    爽やかな辛味が特徴の中国山椒「花椒(ホアジョー)」を入れて作ることで、しびれるような辛さと旨みたっぷりの本格肉味噌が手軽に味わえますよ。マンネリしがちな麺料理の、新しいレパートリーにぜひ加えてみてください。

    材料(3人前)

    今回使用した食材です。

    中華麺 3玉
    豚ひき肉 200g
    エリンギ 2本
    きゅうり 1本
    もやし 100g
    にんにくチューブ 小さじ1
    サラダ油 小さじ1ほど
    片栗粉 大さじ1〜2
    花椒(ホアジョー) 適量

    <調味料>
    鶏がらスープ 200cc
    甜麺醤 大さじ2
    醤油 大さじ1
    砂糖 小さじ2
    ごま油 小さじ1
    塩 少々

    調味料はあらかじめ合わせて用意しておきましょう。自宅で計量したものを液体調味料入れなどに入れて持ち運ぶと便利です。その際には、現地で味の調整が必要になったときのために、塩のみ持参しましょう。

    作り方

    きのこは、エリンギ以外にも椎茸や、しめじで作っても美味しいです。

    エリンギは角切りにします。

    あらかじめスキレットをあたためておくと、食材の焦げ付きが少なく炒めることができます。

    フライパンやスキレットをあたため、サラダ油をしいたらエリンギ、豚ひき肉、にんにくチューブを入れて炒めます。

    豚肉に火が入ってくると、肉の脂が出てきます。

    豚肉の赤みがなくなるまで、中火で炒めます。

    肉ときのこに旨味を閉じ込めるため、1〜2分煮ます。

    あらかじめ合わせておいた調味料を全て入れます。

    片栗粉は一箇所に注がず、全体に回しかけましょう。

    片栗粉と水を同量ずつ容器に入れて混ぜ、水溶き片栗粉を作ります。

    肉に調味料の味がついたら、水溶き片栗粉を全体に回しかけます。

    餡がダマにならないように手早く混ぜましょう。

    汁っぽさがなくなり、全体にとろみがつけば大丈夫です。仕上げに花椒を入れて全体を混ぜます。

    もやしの茹で過ぎに注意しましょう。

    鍋に湯を沸かし、もやしを茹でます。茹であがったもやしはザルなどで湯切りします。

    きゅうりはもやしとカットサイズを揃えると、仕上がりが綺麗です。

    きゅうりを千切りにします。

    テーブルに具材を出して、各自お好みの具を盛り合わせるのも楽しいですね。

    茹でてしっかり冷やした中華麺を器に盛り付けて、肉味噌、きゅうり、もやしなどを盛り付けます。

    爽やかな辛味が特徴の「花椒」が旨辛味の決め手!

    パウダーとホールの販売があります。

    花椒とは「ホアジョー」もしくは「ホアジャオ」と呼ばれる、中国原産のスパイスです。香りは日本の山椒と似ていますが、別の食材です。中国四川料理でよく使われるスパイスで、しびれるような辛味が特徴です。

    夏の湿気と、暑さの対策にもいいとされる食材のひとつです。

    ホール状の商品は、パンチのある辛さが楽しめるので、ミルで挽いたり、細かく叩いて麻婆豆腐などの料理に使用するのがおすすめです。

    パウダー状のものは、好みの量を手軽に利用できるので、様々なお料理と食べ合わせることができます。チャーハンやラーメン、唐揚げなど、無限の組み合わせが楽しめますよ。

    花椒をたっぷりとのせて、ジャージャー麺を楽しみましょう。

    花椒を加えることで、辛味に深みとコクが生まれ、ジャージャー麺が旨辛の味わいに仕上がります。

    もちろん、ご飯との相性も抜群なので、残った肉味噌は翌日のご飯にたっぷりかけて召し上がってもいいですね。

    新しいキャンプ麺料理のレパートリーに

    今回ご紹介したジャージャー麺は、いつもの麺料理に飽きた時にも、活躍するレシピのひとつです。

    花椒を抜いて作ることで、お子様にも召し上がっていただけるので、ファミリーキャンパーの方にもおすすめです。

    調味料をあらかじめ合わせておいたものを持参すれば、現地での計量作業もないので、手軽に調理することができますよ。もっと時短したいという方は、肉味噌自体を自宅で作って持参してもいいですね。

    まだまだ暑い季節の続く中でのキャンプに、ぜひご活用ください。

    私が書きました!
    料理家
    さとう あい
    宮城県仙台市在住の料理家。フードコーディネーターや、学校講師など下積み時代を東京で過ごし、飲食業界に携わること20年以上。現在は料理教室の運営や飲食店へのメニュー提案などをする傍ら、レシピライター としても活動中。2児の母でもあり、子どもと海や川、山などアウトドアへ出かけるのが日課

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    冬キャンプにぜひ!旬のほうれん草とカラダが温まるスパイスで作る「サグカレー」

    2022.12.08

    アルペン×エバラ「焼肉のたれ」はキャンプめしに最適だ!洋食の定番ハヤシライスのレシピ

    2022.12.07

    ほりにし”ブラック”もう食べた?燻製風味を楽しむコブサラダレシピも紹介

    2022.12.05

    親子でキャンプ飯クッキングを楽しむ5つのポイント!野菜たっぷりカレー鍋レシピも紹介

    2022.12.04

    アマノフーズのフリーズドライがキャンプ飯にぴったり!鮭のポタージュシチューレシピ

    2022.12.02

    少ない資源で調理可能! オートミール&焼きそば麺を活用した防災レシピ6選

    2022.11.29