4月16日にリニューアルオープン!島根県の新・松江宍道ふるさと森林公園の全貌をチェック | キャンプ場 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 4月16日にリニューアルオープン!島根県の新・松江宍道ふるさと森林公園の全貌をチェック

    2021.04.06

    島根県宍道湖の程近くに位置する「松江市宍道ふるさと森林公園」は、抜群の景観と多彩な設備が人気を博すアウトドア施設。

    この度大規模工事によってキャンプ施設が大幅に強化され、4月16日にリニューアルオープンを迎える。西日本のキャンパーにとってさらに重要な拠点となりそうな同園。訪れたことがある人もない人も、美しく快適に生まれ変わった施設をぜひチェックしてみてほしい。

    多彩な形態のキャンプ施設が魅力!ふるさと森林公園とは

    園内の展望デッキからの長め。宍道湖が一望でき、夜景も美しいと評判。

    ふるさと森林公園は、島根県松江市の最西端の高台に位置し、日本百景にも数えられる宍道湖を望む好立地にある。

    自然豊かな広々とした敷地には、キャビンやコテージといった宿泊施設をはじめ、オート・二輪・ペット同伴用のキャンプ場やバーベキュー場、遊具を備えたちびっこ広場、結婚式ができるチャペルなど、幅広いアウトドアに対応する施設を揃えている。

    島根県の特産・しまね和牛のバーベキューセット(¥4.100)も登場。

    昨年10月からの約半年に及ぶ工事では、昨今のキャンプ需要を反映し、キャンプ関連施設を重点的にグレードアップ。以降では宿泊施設を中心にポイントをご紹介する。

    より豪華になり安心感もアップ!キャンパー注目のリニューアルポイント

    スペイン瓦を採用したおしゃれな佇まいのグランキャビン。1名¥5,400〜(サービス料込・子ども料金設定あり)。

    今回の1番の目玉は、新登場のグランピング施設・グランキャビンだ。定員は6名。屋根にスペイン瓦を採用した平屋で、広々としたテラスがポイントだ。テラスにはテーブルとイス、ウェーバー社のガスグリルを常設し、機材や天候の心配なくバーベキューを楽しめる。

    テラスにはポーチスイングが設置予定(写真はイメージ)。

    室内は主に広々としたリビングスペースと、園内唯一の2段ベッドを備えた2つの寝室がある。そのほか、風呂、トイレ、洗面台はもちろん、キッチンの冷蔵庫や電子レンジなどの備品、エアコン、wifiも完備。

    他人との距離が気になる昨今、車をキャビンに横付けできるうえに、ステイ中は共用スペースを使うことなく完全プライベートで完結できるのは嬉しい。家族や仲間とともに安心してゆったりとリゾート気分を楽しみたい人にうってつけだ。

    カラフルな外装が楽しいレイクビューコテージ。1名¥3,400〜(サービス料込・子ども料金設定あり)。

    2タイプのコテージは、骨組み以外を大幅リノベーション。どちらも浴室、洗面所、キッチン、エアコンなど備品も充実している。

    眺望が自慢のコテージ シティタイプは、「レイクビューコテージ」と名称を変更。リビングの窓を拡大し、さらに宍道湖がよく見えるように改装された。定員は最大8名。2階建ての室内は、1階にリビングルーム、地下1階に2部屋の寝室という構成だ。

    マウンテンコテージは、その名の通り山中のコテージのような佇まい。1名¥3,100〜(サービス料込・子ども料金設定あり)。

    一方、敷地の最も高い立地に建つコテージ ペンションタイプは、「マウンテンコテージ」と名称を変更。室内は1階と2階が吹き抜けになっており、1階には琉球畳を採用した同園で唯一の畳部屋があるのが特徴。定員は6名で、ベッドに加えて布団も用意されているため、外国人客にもおすすめだ。

    自然と調和する丸太のログハウス。1名¥3,900〜(サービス料込・子ども料金設定あり)。

    定員14人のログハウスも、今回の全面リニューアルに際し、外壁のペイントや家具の新調を実施。さらに、キッズスペースやバーベキューグリルを設置し、これまで以上に滞在を楽しく盛り上げてくれる施設になった。

    広々とした区画で、キャンピングカーなど大型の車両にも対応。

    キャンプサイトには、電源付きの「デカデカオートキャンプサイト」が新たに誕生。その名の通り10×13平方メートルの広々としたスペースで、大型のテントやタープも楽々設営できる。地面は同園初の芝生になる予定で、子供たちが遊んだり、座ってくつろいだりと、家族連れには嬉しいつくりになる。 

    リニューアルしたバーベキュー場。

    上記に挙げたところ以外にも、バーベキュー場がテントから建屋になったり、クラブハウスに展望デッキができたりと、園内が全面リニューアルされ、よりアウトドアを満喫できる施設が充実。公式ホームページにもアクセスして、リニューアルの詳細や今後リリースされる最新情報もチェックしてみてほしい。

    施設概要

    松江市宍道ふるさと森林公園

    島根県松江市宍道町佐々布3353-2
    営業時間:8:0022:00(スタッフは24時間常駐)
    定休日:年中無休
    TEL:0852-66-2500(9:00~19:00) 

    公式ページ
    https://www.forestpark.or.jp

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 キャンプ場 』新着編集部記事

    パジャマは持ってく…?キャンプ好きファミリーが初グランピング体験

    2022.12.04

    国立公園の絶景の中楽しめる!気仙沼大島、竹野海岸、南阿蘇の休暇村にグランピング施設がオープン

    2022.11.12

    富士山周辺または富士山が見える!おすすめのコテージ付きキャンプ場13選

    2022.11.05

    IoTなキャンプ場ってどう?見た目は昭和なのに管理システムは最新鋭だった

    2022.11.04

    まだ間に合う、ほんとうに気持ちいいサウナ小屋のあるキャンプ場7

    2022.10.29

    寒い季節もぽっかぽか 温泉が楽しめるキャンプ場22

    2022.10.23