人気のMPV「プジョー・リフター」と「シトロエン・ベルランゴ」で車中泊できる快適ベッドキットが誕生! | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 人気のMPV「プジョー・リフター」と「シトロエン・ベルランゴ」で車中泊できる快適ベッドキットが誕生!

    2021.04.09 キャンピングカー

    1997年に初代が登場し、欧州を始め日本でも人気を博したマルチパーパスビークルであるカングー。そんな人気の牙城を崩すべく、昨年秋に日本導入されたシトロエン・ベルランゴとプジョー・リフター。この2台は基本骨格が同じですが、キャラクターや乗り心地といった味付けは異なっています。

    そんな注目の2台をベースにしたベッドキットが「agre」。プロデュースはRVランド・コンセプトで、既発のカングーベッドキットが爆発的に売れたことでもその出来映えは立証済み。

    シトロエン・ベルランゴ

    プジョー・リフター

    ベッドキットは5枚のベッドマットのほか、荷室に簡単にセットができるウッド調のフロアという構成。フロアの左右にはベッドの台座も備わっています。ベッドの展開はセカンドシートを前倒しして、フロアの台座に格納されているフレームを前方に引き出してマットを載せるだけと簡単です。力も必要ないので女性や子どもでもセットができ、3分もあればベッドメイクが完了します。

    5枚あるベッドマットは写真のように荷室にセット可能。オプションでマットのサイドやパイピング、ステッチなどを好みの色から選ぶこともできる(プラス2万2000円)

    フロアは純正のフロアの上に置くだけ。両サイドにはベッドの台座が備わる

    ベッド展開はセカンドシートを倒してフレームを引き出し、マットをセットするだけ

    ベッドの素材には難燃基準をクリアした耐久性のあるPVCレザーを採用。ブラックとライトグレーを基本に、オプションで8色のカラーを用意するほか、サイドやパイピング、ステッチの色を2色選んで組み合わせできるなど、多くのバリエーションを用意。ボディカラーや好みの色でコーディネートができるのも大きな魅力となっています。

    リフター用のベッドマットには触り心地のよい上質なファブリックを採用。ベッドサイズはどちらも1800×1200mmで2人旅に対応。ベッド上のクリアランスは650mmあり圧迫感もなし

    また、リフター用は上質なファブリックを採用しており、ベルランゴのカジュアルさに比べると上品な仕立てなのが特徴。フロアに関してもベルランゴが明るめの木目、リフターは深みのある木目になっています。ベッドの厚みはどちらも5cmで寝心地も快適です。

    ベッド下には270mmの高さがあり、長尺物も収まる広々とした収納スペースとして利用できる。また、同社が取り扱うポータブル電源「EF DELTA」もすっきりと収まる設計

    移動時は荷室に重ねてセットでき、荷台としても活用できて便利。車中泊に便利でお洒落なベッドキット。そんなベッドキットの価格は192500円。

    リフターやベルランゴのオーナーにはうれしいアイテムと言えるでしょう。カングーのオーナーでも車中泊に興味のある人は、すでに発売されている専用ベッドキットは要チェックですよ。

    カングー、リフター、ベルランゴのプロショップなので、車中泊やカスタムについても気軽に相談できる

     

    RVランド・コンセプト https://red.agre-c.com/

     

    ※構成・写真/伴 隆之

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    ホンダ N-VANの車中泊が快適になる!「イージー・コンフォート・ベッドキット」をご紹介

    2023.02.03

    NEWS・小山慶一郎さんのカスタマイズカーも!日本最大級「ジャパンキャンピングカーショー2023」 開催

    2023.02.02

    絶景の琵琶湖!東海道キャンピングカーひとり旅は自由だけど考えることがいっぱい…

    2023.01.31

    キャンピングカー歴14年の国井律子が教えます。出発前にすべき「旅のリアルな準備」って?

    2023.01.29

    ウインドパネル採用で室内がワイドに!ハイエースベースのキャンピングカー「AZUSA」をレビュー

    2023.01.28

    愛車を外遊びギアに変身させるボディキットも多数!「東京オートサロン2023」レポート第二弾

    2023.01.21

    z