お隣さんのテントを拝見!「#bepalcampstyle」で見つけた参考になるテントの内側7選 | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプのコツ

    2021.02.03

    お隣さんのテントを拝見!「#bepalcampstyle」で見つけた参考になるテントの内側7選

    みなさんのテントの中を見せてください!

    Instagram限定企画「#bepalcampstyle」は、みなさんが投稿にハッシュタグをつけていただいた中から、テーマにあった選りすぐりの写真を紹介しています。

    第8回はテントの中に注目。どんな道具を使っているのか、レイアウトはどうなっているのか、どうやって過ごしているかなど、厳選した7名の写真を紹介します!

    こたつを入れて冬の醍醐味を満喫

    ノルディスク・レイサ6で過ごす@y_m.treasure さん。ウッドをメインとした道具を駆使し、統一感のあるインテリアで合わせていますね。リビングには、なんとこたつを用意! 昔ながらの豆炭を使用して、家に近いぬくぬく感がキャンプでも楽しめそうです。

    プロジェクターを使って子供も満足!

    こちらはスプリングバー・クラシックジャック140で過ごす@hana87.co さん。床やチェアにモコモコ素材のアイテムを使って温かそうですね。興味深いのは、アンカーのポータブルプロジェクターで子供の好きな作品を観ていること! これなら飽きずに中で楽しめそうです。

    テント・イン・テントでソロキャンプが優雅に

    ニーモ・ヘキサライト6Pにザ・ノース・フェイスのストームブレーク2のインナーテントを入れている@bison_ssk さん。マイナス気温の中でも、薪ストーブや石油ストーブを焚いてしっかり寒さ対策! チェアの近くにギアを集めて、動かずに過ごせるスタイルの参考になります。

    ワンポールテントはあぐらスタイルが快適

    テンマクデザイン・サーカスTCDXで過ごす@yu_san_blog さん。ロゴスのハイバックあぐらチェアで、床に程近い位置で暖を取っています。ワンポールテントはドーム型やロッジ型と比べて天井が狭く動きにくいため、低い姿勢のほうが快適とのこと。五角形のグランドシートも便利そうですね。

    色と素材を統一してカントリー調に

    テンマクデザインとoutingのコラボテント・ミグラテールを使っている@omahadday さん。テントの中を拝見すると、木材を使用したアイテムを揃え、まるで海外の家のような内装に仕上げています! ベージュやブラウンに色を合わせているところもこだわりのようです。

    レッドをアクセントにして華やかに

    スノーピークの大型2ルームテント・ランドロックアイボリーで過ごす@mitsunori0705 さん。ホットカーペットを敷いて、靴を脱いでも寒くない使用で過ごしています。落ち着きがちなキャンプ道具は、赤いアイテムを取り入れることでテント内が明るく見えますね!

    ブランケットを何重にも敷いて素足でも快適に

    今では生産終了となったスプリングバー・ファミリーシェードを使っている@nissy1911 さん。大型テントの中を拝見すると、床にブランケットを何重にも敷いたおしゃれな空間が広がっています! 奥にはニッセンの古い石油ストーブを使用。足下の寒さ対策の参考になります。

    次回は「みなさんの収納術」を紹介します!

    公式Instagramでは、本誌やWEB限定記事の紹介のほか、Amazonギフト券がもらえる投稿キャンペーンの募集、BE-PAL限定商品のご案内も掲載。毎日更新されるので、この機会にぜひフォローしてください。

    URLはこちら
    https://www.instagram.com/be_pal_official/?hl=ja

    次回は収納術特集! 家ではキャンプ道具をどのようにしまっているのか、車の積載方法、散らかりがちな小物や消耗品の収納方法などなど。ハッシュタグ「#bepalcampstyle」を付けて投稿いただいた中から、ピックアップして紹介させていただきます。みなさんの投稿をお待ちしています!

    ※テント内での火器使用は、火災の原因となります。また、十分に換気できない場所での火器使用は、一酸化炭素中毒を引き起こしやすく危険です。使用する環境を考えて正しく使いましょう。

    NEW ARTICLES

    『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

    ギアレンタル0円、宿泊0円…キャンプにまつわる無料トピック集めました!

    2024.07.03

    このキャンプギアすべて0円!愛媛・松山市青少年センターの無料レンタルがすごっ

    2024.07.03

    夏キャンプは暑さが最大の敵?対策法からおすすめのグッズまで紹介!

    2024.06.26

    キャンプの語源はラテン語から?目的別のキャンプの楽しみ方も合わせて解説!

    2024.06.23

    棒結びの結び方!手順や注意点から活用方法まで解説!

    2024.06.20

    パラコードを使う際の結び方!キャンプで活躍する7つの方法を紹介

    2024.06.08

    キャンプに行く際の服装は?最低限必要なものとおしゃれなコーデまで解説!

    2024.06.03

    ソロキャンプ女子必見!安全に楽しむための防犯対策とは

    2024.05.31