普通のSUVとは一味違う!独創的な新フレンチ・カジュアル登場 | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 普通のSUVとは一味違う!独創的な新フレンチ・カジュアル登場

    2021.02.07

    私達がテストしました!
    編集・早坂
    記者・櫻井
    今号よりビーパル編集部の新担当の早坂が登場。櫻井とともに、奥深いRVの世界を探求していきます!

    普通のSUVとは一味違う!独創的な新フレンチ・カジュアル登場

     

    image

    櫻:今回は珍しいフランス製のSUVだ。
    早:さすがフランス車、おしゃれですね~。僕が普段乗っている、使い込んで味の出た軽トラとは大違い。
    櫻:いわゆる“プレミアムSUV”のような、高級感第一の作りではないね。センスで勝負する国ならではの、独創的なデザインだ。
    早:車内もおしゃれな雰囲気でした。ハンドルがスポーツカーみたいにちっちゃくて、その上にメーターパネルがあるのが印象的です。
    櫻:ハンドルの大きさは好みが分かれるところだけど、メーターがコクピット上方にあるのは理にかなっている。走行中の視線移動が少なくて済むからね。
    早:しかもメーター表示は遠近二層式。メーカーの説明では、これによってドライバーの反応時間が0.5秒短縮されるそうですね。
    櫻:年をとると動態視力が下がるうえ、ピントを合わせにくくなるからありがたいよ。超高齢社会を迎えた今、見逃せないポイントだ。
    早:僕は、おしゃれ系に見えて最低地上高が205mmという点に、メーカーのアウトドアへの愛を感じました。しかも今回テストした『GTライン』には、路面状況に応じて「スノー」「マッド」「サンド」と駆動力のセッティングを変えられるモードまで付いてます。
    櫻:「アドバンスドグリップコントロール」というんだ。
    早:おかげで頼もしい4WDの走りが体感できました。
    櫻:これ、2WDだけど。
    早 え? え~っ。全然わからなかった……。
    櫻:「緻密に制御する前輪駆動車なら悪路でも問題はないし、4WD車を買うより得」というのが、フランス人の考え方。合理的だね~。
    早:今回はキャンプ場への往復だけだったので、本当に悪路でも平気なのか、わかりませんよ。
    櫻:以前、1クラス上の『3008』(現在の車名は『SUV 3008』)という前輪駆動のSUVで、本格的なオフロードコースを走ったことがある。
    早:どうでした?
    櫻:深いわだちで少し空転したけど、粘ったら無事に脱出できたよ!
    早:じゃあこちらもOKと。
    櫻:うん。独創的で質実剛健なフレンチ・カジュアルという考え方は、日本のアウトドアズマンからも共鳴されるんじゃないかな。

    小さくても窮屈な印象は皆無!

    image

    image

    image

    小型ハッチバック車の『208』をベースに、ホイールベースを延ばして開発されたのがこのクルマ。前後席ともに天井に余裕があり、開放的。ロードクリアランスが十分にあるので、オフロードだって怖くない!

    ラゲッジの広さもまずまず

    image

    後席をたたむとラゲッジとの間に段差が。フロアボードを高い位置にセットするとフラットになり、開口部との段差もなくなる。

    image

    フロアボードはしっかりした作りで、写真のように斜めの位置でも固定できる。

    image

    後席の片側をたたんだ状態。2人分のキャンプ道具が無理なく積める広さだ。

    いつもの景色が違って見える

    image

    フランス流の、合理的で洗練されたコックピット。運転席からの景色が違って見えるかも!?

    image

    駆動力の制御モードに加え、走行モードの切り替えも可能。ヒルディセントコントロールも付く。

    必要十分なパワーがフランス流

    image

    エンジンは1.2Lの3気筒。何事にも「これで十分」という考え方が浸透した、フランス流の哲学に基づくエンジン設定だ。実際、パワー不足を感じることは少なく、きつい山道では走行モードを「スポーツ」に切り替えると、元気に走ってくれた。車体や足回りの基本を構成するシャシーの完成度が高いことも理由だろう。

    プジョー/SUV 2008 GTライン

    ¥3,072,728(ベースグレードは¥2,718,182)

    SPECIFICATIONS
    【ボディー寸法】
    全長 4,305mm
    全幅 1,770mm
    全高 1,550mm
    最低地上高 205mm
    最小回転半径 5.4m
    ホイールベース 2,610mm
    トレッド 前1,550mm/後1,550mm
    車両重量 1,270~1,300kg
    乗車定員 5名
    【エンジン・燃料】
    形式 直列3気筒DOHCターボ
    排気量 1,199cc
    最高出力 96kW(130PS)/5,500rpm
    最大トルク 230N・m/1,750rpm
    燃料タンク容量 44L
    燃料種類 無鉛プレミアムガソリン
    燃費(WLTCモード) 17.1km/L
    【トランスミッション】 8AT
    問い合わせ先 プジョー 0120-840-240  https://www.peugeot.co.jp

    ミニバンのロングセラーはまだまだ進化する!

     

    ホンダ『オデッセイ』が大幅改良を受け、外観が大人の雰囲気に。内装も改良され、コンソールは質感を高めつつ、10インチ大型モニターを採用。従来からの、3列目を床下収納できる使い勝手のいい設計は、オートキャンプで真価を発揮する。

    ¥3,177,273~
    問い合わせ先 ホンダ 0120-112010 

    ※構成/櫻井 香 撮影/中村文隆 撮影協力/PICAさが湖 042(685)0917

    (BE-PAL 2021年1月号より)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    自分だけの移動基地が作れる!スズキ「スペーシア ベース」を徹底レビュー

    2023.01.08

    ビジネス街から里山まで~2拠点生活にも使えるレクサス RXをレビュー

    2022.12.29

    小回りが利いてたっぷり積める!フォルクスワーゲンのEV「ID.4」をレビュー

    2022.12.26

    運転も楽しみたい大人キャンパーに!容量たっぷりのラゲッジを備えるマツダ「CX-60」試乗レポ

    2022.12.20

    テント泊で疲れたらフランス車で帰るなんてどう?シトロエンのクロスオーバー「C5 X」レビュー

    2022.12.07

    ホンダ・ステップワゴンは外遊びグルマの永世定番になる!

    2022.11.22

    z