【親子で気軽に鎌倉ハイキング】GWにもオススメ!鎌倉の葛原岡・大仏ハイキングコースを行く | 山・ハイキング・クライミング 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 山・ハイキング・クライミング

    2016.04.19

    【親子で気軽に鎌倉ハイキング】GWにもオススメ!鎌倉の葛原岡・大仏ハイキングコースを行く

    IMG_2795

    山道に入ってからも、軽快な足取りは変わらず。比較的平坦なところはダッシュで駆け抜けていく。ハイキングのはずなのに、これじゃトレイルランニングだ。道中を急ぐ必要なんてないのだし、周囲の風景にも目を向けて欲しくて、ときどき「あ、切り株があるよ!」、「お花、きれいだね!」と声をかける。それでようやくスピードダウン。切り株を見つければわざわざ乗り越え、ときどき小枝を拾い、傾いた状態の木の根を叩いてどんな音がするかを試す。

    IMG_2797

     

    それでも体を動かしたい欲が勝り、気が付くとまた走っている。と、地面に這うように生えている根っこにつまずき、足をくじいてしまった。道端に座り込んで急にしゅんとする息子。痛めたところに手を当ててあげると、痛みも、悔しい気持ちも、少しずつ収まっていったようだ。幼いうちの小さなケガは、これからの長い人生において、自分の身を守るための糧になるはず。本当はちょっぴり心配だけれど、その不安を悟られないように「なあに、大丈夫!」と笑いながら声をかけるのだった。

    IMG_2825

    落ち着いてきたところで、また歩き出す。ふと息子が立ち止まってしゃがんだ。どうしたのかと見てみたら、ユニークな形をした木片を手にしている。「これはオートコンパスね」と言って、尖った方をあちこちに向け、最後に進行方向を指して「あっちだ!」と教えてくれた。どうやら、進みたい道を自動的に示してくれる方位磁針のような道具、ということらしい。なるほどね。こういう自由な見立ては子供ならでは。大人が考えつかないようなことのオンパレードで面白い。

    IMG_2846

    NEW ARTICLES

    『 山・ハイキング・クライミング 』新着編集部記事

    高さ2mながら富士山の魅力が詰まった江戸川区の富士塚とは?【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.65】

    2024.07.12

    長島香取神社内にある、100年以上前に築かれた長島富士へ【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.64】

    2024.07.01

    東野登山隊が残雪期の岩手山に挑戦!「なぜ山に登るのか」東野幸治さん・庄司智春さんを直撃

    2024.06.27

    江戸川区・桑川神社敷地内にある桑川富士を登はん【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.63】

    2024.06.27

    豊島区の住宅街に鎮座する豊島長崎の富士塚へ【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.62】

    2024.06.23

    「移転した富士山」こと目黒元富士を求めて【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.61】

    2024.06.19

    穴場の山、大野山を紹介!富士山を満喫できる西丹沢の名峰だ

    2024.06.17

    高尾山のその先へ。小仏城山・景信山を繋ぐ縦走登山で山登りの醍醐味を満喫

    2024.06.10