Slim Spice で、本格スパイスカレーを作る!

2020.10.12 (閲覧数) 252

このSlim Spiceの良いところは、各ケースに入ったスパイスを、レシピどおりに順番に入れていくだけで本格スパイスカレーを作れてしまうことです。
今回は、季節感を出してみたくて、栗を入れてみました。
それでは、作っていきましょう!
※ このSlim Spiceは「印度カリー子さん」が考案し、商品名は「Slim Spice tent mark blend/1」です。

材料は、玉ねぎ1個、トマト缶200g、肉300g、栗100g、油大さじ1、水150cc。
まず、強火にして油をフライパンに入れて、1段目のスパイスを1分間炒め、みじん切りにした玉ねぎを入れ10分間(焦げ茶色になるまで)炒めます。

弱火にして2段目と3段目のスパイスを入れて、1分間炒めます。

強火にしてトマト缶と肉、栗を入れて、2分間炒めます。
※ 僕は予め、肉はフライパンで焼き目が付くくらいまで炒め、栗も熱が通るくらいまで事前に炒めました。
※ 肉は何肉でも大丈夫です。ホールトマトの場合は、潰すようにして炒めます。

水と4段目のスパイスを入れ、沸騰したら弱火にして蓋をして10分間煮込みます。

最後に辛味スパイスを入れて完成です!
辛味スパイスのおすすめの量は半分の中辛だそうですが、辛口大好きな僕は全部入れる派です。
スパイスのいい香りが、食欲を誘います。
カレーに栗を入れたのは初めてでしたが、イメージしていた食感と違い、サクッサクッと不思議な食感でした。とても美味しかったですよ!

カレーといえば『ナン』ですよね。ナンは何回か作ったことがあり、何回か作っている中で思ったことは(ダジャレではないですよ)、必要最低限の材料があれば、分量はある程度適当で、それなりのものが出来ちゃうということ。
強力粉と薄力粉両方を使うレシピやドライイーストとベーキングパウダー両方を使うレシピなど色々ありますが、僕は、ナンはふわふわに膨らむ必要は無いと思っているので、強力粉とドライイーストのみを使います。
僕のレシピは、強力粉400、ドライイースト大さじ1、砂糖大さじ1、塩小さじ1、バター10g、ぬるま湯150cc。
バターとぬるま湯以外を全部混ぜ、ざっくりかき混ぜます。ぬるま湯を入れてコネます。手に付き過ぎるようであれば、追加で強力粉を入れて調整。まとまってきたらバターを入れてさらにコネます。生地を球状にしてボウルに入れてラップをして10分間寝かせます。生地を4等分にして、厚さ3mm程度に伸ばして、油をひかずにフライパンで焼く。焦げ目はお好みで!

カレー、ナンとくれば、もちろん『ラッシー』も必要ですよね。スパイスカレーには、ラッシーがとても良く合うのと、簡単に作れるので是非作ってみてください。僕のレシピは、牛乳200cc、プレーンヨーグルト200g、レモン汁大さじ1、砂糖大さじ1です。
全ての材料を入れてかき混ぜて出来上がり。濃度は牛乳で調整してください。

そして、僕がこのSlim Spiceを気に入っている理由のひとつに、スパイスケースを再利用できるということ。自分好みのスパイスを入れたり、連結もできるし便利です。
皆さんも是非、オリジナルスパイスを作って、キャンプ場等で作ってみてください。
※ パッケージの裏面に、それぞれのケースに何のスパイスが使われているか書かれているので、参考になりますよ!

けいすけさん

福岡県で薪ストーブのある家に住んでいます。 ソロキャンデビューの弟を見守り中! ホーボージュンさんのような旅に憧れてます。 今年の目標 九州縦断(北九州→鹿児島) & 鹿児島にてキャンプする!

もっと見る

この記事をシェアしよう!

けいすけさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事