カナダBanff国立公園でのTrail Rideガイド体験: その2

2020.06.15 (閲覧数) 397

前回に引き続き、Banff国立公園でのTrail Rideガイド体験を記したいと思います。

(地図= Parks Canada: Banff National Park - Backcountry Trails in Banff National Park より)

バックカントリーを堪能するコースには、大きく分けてロッジ泊とキャンピングコースの2種類がありました。ロッジに宿泊するコースは、拠点の馬場から出発して南の方角へと足を伸ばします。

緩やかなBrewster Creek沿いのトレイルを16kmほど行ったところに、Sundance Lodgeがあります。

1923年、Assiniboine(アシニボイン)山に向かう開拓者達の休憩所として、最初にここにTen-Mile Cabinと呼ばれた小屋が建てられたそうです。今のロッジが完成したのは1991年。ソーラーパワーシステムがあり、シャワーも可。ベッドルーム10室を備えています。



そこから更に15kmほど南下したところにあるHalfway Lodge。

Banffからアシニボイン山までの中間地点ということで、この名前で呼ばれています。1920年代に建てられた当初は平屋建てだったそうですが、1967年に熊がなんと屋根から侵入し、それを防ぐために今の2階建の造りになったそうです。ゲスト14人まで宿泊可能です。


Halfwayロッジで食事の支度をするカウボーイ。


周辺のトレイル。


クリークでは馬の水分補給。






キャンピングコースのトレイルは、Norquay(ノークウェイ)山の麓にあるMt. Norquay Corralから出発して北の方角へ向かいます。

私達が利用したキャンプサイトは、Mystic Camp、Stoney Creek Camp、そしてFlints Park Campの3つでした。それぞれ15〜20kmほど離れた地点にあります。

これらのキャンプサイトには、ゲストが宿泊するテントがあらかじめ備え付けられていました。


Mysticキャンプに向かう途中のトレイル。


Mystic キャンプサイト。

荷物運びのラバの鞍を外すカウボーイ。

キッチンテント。
夏の間、食事担当のスタッフがキャンプに駐在し、ゲストとガイドに美味しい手作り料理を振る舞ってくれます。

一服するカウボーイ達。

山奥では、日中気温が高くても夜になると急に冷え込みます。
夕食後はストーブを囲んで、皆でカウボーイの弾き語りや武勇談を聞きながらリラックス。疲れを癒してくれます。

さて、今回はここまでにして、Flints Park Campとその周辺のトレイルを次回に続けたいと思います。

Namikさん

1993年カナダに渡り、Banffで2年間Trail Rideガイドとして働く。 1998年カナダ移民権取得。 以後、Vancouver在住。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

Namikさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事