鉄道好きタレント・鈴川絢子さんと見つけた「ひたちなか海浜鉄道」の魅力(その2) | BE-PAL

鉄道好きタレント・鈴川絢子さんと見つけた「ひたちなか海浜鉄道」の魅力(その2)

2015.09.27

前回に続き、BE-PAL9月号“各駅停車の旅”企画で旅した茨城県のひたちなか海浜鉄道をご紹介。ナビゲートするのは、タレントの鈴川絢子さんです。
阿字ヶ浦駅に到着した鈴川さん。水色のかわいい駅舎を背に、海を目指します。

鈴川絢子

鈴川さんのお気に入りは「ジブリの世界みたい」という、駅から出てすぐの小道。両脇をわさわさと木々や草花が囲み、虫や鳥の声が響きます。どこか離島のようなムード。

5分ほど歩くと……。

鈴川絢子

スカイブルーの海に到着~。約1.4kmにわたり弧を描く阿字ヶ浦海水浴場です。車ならひたち海浜公園ICから約5分。アクセスもよくて、周辺には宿泊施設がたくさんあります。
ここへ来たら立ち寄りたいのが、旅館ごとう。地元の漁港で水揚げされた新鮮な魚介をふんだんに盛り合わせた、刺身定食や海鮮丼が絶品! ¥1500~2500ぐらいで、大食漢のカメラマンとライターも「おなかがはち切れそう……」と、ノックアウト寸前になったお昼をいただけます。内容は季節やその日の状況で変わるので、あしからず!

鈴川絢子

満腹で阿字ヶ浦駅に戻ると、昭和40年に帝国車両で製造された車両、キハ205がやってきました。「旧国鉄色に塗り直した車体が渋い!」と、興奮気味の鈴川さん。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。