宿代タダ!? 丹波の大自然のなかで自由に働く「リモートワーク」の旅(後編)

2018.04.29

「宿代タダ!? 丹波の大自然のなかで自由に働く「リモートワーク」の旅(前編)」のつづき。丹波でのリモートワーク中に訪れたカフェや施設をご紹介します。

丹波のカフェめぐり

丹波に一人も知り合いがいなかったが、滞在中は少しも寂しい思いをしなかった。丹波は移住者が多く住んでいるので、よそ者に対してオープンに受け入れる風土がある。「どこどこのパン屋はおいしい」「あそこのカフェはおしゃれ」など、地元の人しか知らない情報を出会う人がそれぞれ教えてくれる。地元の人のヒントをもとに、次の目的地に進むドラクエのような気分。気分転換をするのに、行く場所に困らないのだ。

焼きたてのケーキと特製チャイが人気の「キャリー焼菓子店」。田んぼの真ん中にあるロケーションがとにかく最高で、キャリーさんの焼くケーキも絶品。春の風に吹かれながら、ケーキ片手に仕事。思わずにんまりしてしまう。「キャリー焼菓子店」https://www.facebook.com/kyarie.bake.house/
 
カフェ「ma-no」のティラミス。お店のイチオシはカプチーノで、「カプチーノとこのティラミスのために、ma-noはある」とオーナーが言うほど、スプーンを口に運ぶたびに幸福のため息がもれる逸品。「ma-no」https://www.facebook.com/2012mano/
 
骨董屋さん「まるみや堂」。第四日曜日しかオープンしない、センスのいいアンティーク家具を格安で展示・販売している。店内を見ているとお茶を出してくれ、フレンドリーに話しかけてくれた。「まるみや堂」http://blog.livedoor.jp/marumiyado/archives/74954185.html
 
焚き火で焼くバームクーヘンのお店「大塚香作所」。夕方についたのでバームクーヘンは売り切れていたが、丁寧に焼いたクレープと甘酸っぱいイチゴをトンカクリームで。「大塚香作所」https://www.facebook.com/otsukakousakusyo/?ref=br_rs
 
キャンプやBBQができる「丹波悠遊の森」のベーコンチーズバーガー。丹波産の希少なポークを使った「ブルドポークバーガー」もおすすめ。ハンモックカフェもある。「丹波悠遊の森」http://tamba-yuyu.com/
 
丹波悠遊の森のハンモック。静かな森のなかでハンモックに揺られると、新しいアイディアが生まれるかも。100%コットンでできたハンモックは購入可能(5000円・税込)。
 
滞在中に毎日のように通ったのが、宿から車で10分ほどの道の駅「丹波おばあちゃんの里」。原木しいたけや菜の花、わさび菜など、季節の野菜やきのこが豊富に並び、丹波産のコメや特産の黒豆、小豆なども手に入る。コメ、野菜、キノコ、黒豆……挙げればきりがないが、食べるものすべてが美味しすぎて、一口食べるごとに感動していた。水が美味しいところは、すべてが美味しい。道の駅には広場も併設されており、訪れた家族連れが、キャッチボールをしたり走り回っている光景を眺めているのも、穏やかな時間だった。道の駅「丹波おばあちゃんの里」http://www.michi-kasuga.jp/
 
現在(2018月4月)もリモートワーカーを歓迎しており、滞在中の宿代をサポートしてくれる。興味のある方は、ぜひこの制度を利用して、丹波の魅力をおもいっきり堪能してみてはいかがでしょうか。詳しくは、株式会社ご近所、または丹波市建設部住まいづくり課へ。
 
・株式会社ご近所
 
・丹波市建設部住まいづくり課
 
 
            ☆プロフィール☆              おしげ
 カメラマン。旅が好きで、つねに日常から離れることばかり考えている。新幹線や飛行機のなかでビールを飲むのが至福のとき。https://www.yukishigeno.com/
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』