日本三大秘境! 徳島県祖谷(いや)の交流スペース『なこち』でジビエ三昧 | BE-PAL

日本三大秘境! 徳島県祖谷(いや)の交流スペース『なこち』でジビエ三昧

2017.01.20

104-1

日本三大秘境に数えられる徳島県祖谷(いや)。渓谷美を誇る山間の村が、ジビエによる地域おこしで盛り上がっている。その中心のひとつが、東祖谷落合集落にあるなこちだ。

山の斜面に張り付くように建つ、築150年の古民家を改装した地域の交流スペースで、食事やお茶が楽しめる。南向きの縁側からは対岸の山の集落が一望できるのだ。

縁側から眺める景色は絶景。しかも南向きで ぽかぽか。『なこち』では昼寝もOK。「のんびり過ごしてほしい」と管理人の稲盛さん。

縁側から眺める景色は絶景。しかも南向きでぽかぽか。『なこち』では昼寝もOK。「のんびり過ごしてほしい」と管理人の稲盛さん。

104-4そんな、天空の家とでも呼びたくなるような建物を管理するのは、山が好きで千葉県から移住した稲盛将彦さん。料理の腕を振るうのは、猟師で鳥獣加工施設『祖谷の地美栄(じびえ)』を持つ高橋敬四郎さんだ。

ランチにはソーセージ、鹿肉のローストやしゃぶしゃぶなど、祖谷産のジビエ料理が並ぶ。

ランチ(¥1,500~、要予約)はソーセージ、鹿肉のローストなどと、素朴な野菜料理の組み合わせ。

ランチ(¥1,500~、要予約)はソーセージ、鹿肉のローストなどと、素朴な野菜料理の組み合わせ。

「部位ごとに使い分けるのが、おいしく食べるコツ。シカもイノシシも、スジが少ないロース肉は食べやすいので、ローストやしゃぶしゃぶに、肉と脂のバランスがほどよい腕肉はソーセージに使っています」

推薦人の猟師・石井修作さんも「高橋さんは野生肉をよく勉強していて、食べにくい部位もおいしく調理してくれます。景色込みでいえば、ここのジビエ料理は200点満点(笑)」とか。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。