川の達人に聞いたこの夏、行くべき日本の川

2015.07.17

カヌーイスト、釣り師から水中カメラマン、元川ガキまで、川の達人にお気に入りの川5本を挙げてもらい、オススメ度数の高かった川を紹介。定番ではありますが、日本を代表するアウトドア指数の高い川ばかり。今夏は清冽な川の水に浸り、自然の恵みを感じてみませんか。

1 四万十川(高知県)

四万十川

©g-photo/SEBUN PHOTO/amanaimages

川旅、キャンプを楽しむのに、
この川ははずせない。
カヌーイスト/野田知佑さん

高知県津野町不入山(いらずやま)から、高知県中西部を蛇行しながら流れ、四万十市で太平洋に注ぐ。延長196km。本流に大規模なダムがなく、「日本最後の清流」として有名に。実際には際立って水質がよいわけではないが、「規模が大きく、海の生き物が数十kmまで遡上しているのは四万十川ならでは(ライター/藤原祥弘さん)」、「釣り師に邪険にされることがなく、安心して遊べる(ライター/高橋庄太郎さん)」、「キャンプ適地が多い(ライター/森山伸也さん)」。旅人にも生き物好きにも魅力いっぱいの川だ。

2 釧路川(北海道)

釧路川

撮影/村山嘉昭

上流部の渓谷、
下流部の湿原という
対比がすばらしい。
ライター/高橋庄太郎さん

日本最大のカルデラ湖、屈斜路湖に源を発し、太平洋(釧路港)に注ぐ一級河川。延長154km。下流部の両岸には釧路湿原が広がっていて、屈斜路湖から河口まで、全流をカヌーで下ることができる。「湖を流れ出てゆき、川面を眺めながら樹林帯の中を流れていく感覚が特別(ライター/村石太郎さん)」、「源流部の蛇行した流れは冒険心を駆り立てる(四万十塾/木村とーるさん)」など、カヌーイストの支持が高い。JR釧網本線が並行していて、車窓から釧路川を楽しむこともできる。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』