初めてのジョンミューア・トレイル顛末記 Vol.11 ~Mtホイットニーへ~ | BE-PAL - Part 2

初めてのジョンミューア・トレイル顛末記 Vol.11 ~Mtホイットニーへ~

2016.01.17

その日泊まったギターレイクから、Mtホイットニーまでのルートははっきりとは見えません。
しかし、確実そして一気標高をあげていく急なのぼりがまっているのです。

朝起きると、周りには氷が張っていました。朝日を見るために深夜から歩き始めるハイカーが多く、昨晩は沢山あったテントも無くなり、私達と数組を残すだけになっていました。
あまりの寒さに、朝日を見ることは諦めていた私たちの目の前に、突如、異様な光景が目に入ってきました。
何故かハイレグのパンツを履いた男性が、しかもTシャツ姿でMtホイットニー方向から走って降りてきたのです!
私たちは目を疑いました。え?え? 
3人ともただその姿を見て何が起きているのか理解できず、ただ視線は彼に釘付けです。
そしてルートを間違えたらしく、戻っていく姿をみて、ようやくみんな大爆笑しました。

Mtホイットニーへの分岐点

Mtホイットニーへの分岐点

Mtホイットニーに向かうトレイルは、所々凍っていました。
滑らないように、そして高山病にならないようにゆっくりと歩き始めます。
やがて、Mtホイットニーとポータルとの合流地点に着くと、前日の雪が凍っていました。

トレイルに残る凍った雪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

多くのハイカーは、ここに不要な荷物を置き、Mtホイットニーを目指します。
しかし私は、そのまま荷物を置かずにMtホイットニーへ歩き出しました。
ヒドイ寒さに体は芯から冷え切っています。さらに標高も高く、高山病にかかるハイカーも少なくありません。
やがて尾根に出ると、吹き付ける風が一層強くなってきました。

山頂に着で、レンジャー達が何やら集まっています。2日前に遭難、無事発見されたとのことでした。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。