初めてのジョンミューア・トレイル顛末記 vol.8 ~癒しの補給基地へ~

2015.12.27

どうみても3年前に乗、入ってこられるだけの水量は無かった!
果たして、フェリーは来るのだろうか?
来なかったら、残り2マイル程だろうか歩いていくしかない。ガイドブックに記されている時間になっても、フェリーが来る様子はない。
エンジン音も姿もいっこうに見えない中、私達が出来ることは、呆然と待つことだけでした。

30分程してから、エンジン音がいてきて姿を見せたのは、3年前にみたフェリーとは全く違い4人ほどしか乗れない小型のボートでした。
水量が少ない為、ボートはバーミリオン・バーレー・リゾート(以下VVR)とは逆方向に進み、ボートを降りてから車に乗りする。こうしては補給地点であるVVRにようやくたどり着いたのでした。

荷物を満載にした4人乗りボート

荷物を満載にした4人乗りボート

オーナーのジムは、私の事をちゃんと覚えていました。そしてワタナベさんとクミさんを紹介すると。
「MASA、今回はガイドしてるのか?」
と笑って聞いてきます。私も笑いながら、今回はジョンミューア・トレイル(以下JMT)を歩いていることを伝えました。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』