「ゴアテックス SNTIAGO DE COMPOSTELEAの旅」その2ウェア編

2018.06.26

今回はゴアテックスのウエアを着用して歩く旅になります。さて、知っているようで知らないゴアテックスの素材のこと。

まずはSNTIAGO DE COMPOSTELEAの旅の前に、ゴアテックスのファブリクスについて簡単に勉強してみましょう。

GORE-TEX プロダクト HP
https://www.gore-tex.jp

GORE-TEXプロダクトの防水耐久性、防風性、透湿性を支えるキモになるのがGORE-TEXメンブレンです。素材自体は非常に薄い膜ですが、防水耐久性と防風性に優れ、更には透湿性までを備えた素晴らしい素材なのです。

なぜかというと、メンブレンにある孔は、水滴の2万分の1の大きさしかないので、当然に水は通れません。しかしこの孔は、水蒸気の分子の700倍の大きさを持っているので、蒸れた空気は外側に出すことが出来るのです。そんなスーパー素材も、メンブレン自体は薄い膜なので、ウェアにするには引き裂き強度などが足りず、またメンブレンが直接肌に触れて油分などで汚れると防水、透湿性が弱くなります。そこで、他の生地と接着することにより、生地の強度を上げたり、肌に直接当たらないようにして使用することが出来るのです。張り合わせる生地により色々な特性を持たせることが出来るのも特徴です。例えば保温素材と接着すると、蒸れを外に出しながら保温が出来るといった使い方も可能になるわけですね。

2層・3層構造をよく耳にすると思いますが一体何なのでしょう。この2層、3層は、メンブレンと接着した生地の層のことを呼びます。

2層は、耐久撥水加工(DWR)を施した生地とメンブレンを接着します。裏地を接着せずに付けたウエアになります。

表地とメンブレンを接着し、裏地を付ける事によりメンブレン面を保護する作りになっています。

3層はこの表地とメンブレンと裏地をすべて接着して作ります。裏地も接着しているので裏地を別に付ける2層よりも透湿性が上がり、摩擦による耐久性も向上することになります。

 

 

ようするに裏地を接着するかしないかによって、2層・3層の違いになるのです。
そしてこれらの素材は、目的や使用用途において以下のように分類されます。

GORE-TEX プロダクト(2層)
撥水加工した表地とメンブレンを接着し、裏地を付けた、幅広いアウトドアシーンに対応するのが、このカテゴリーになります。
目安は1日~数日で、運動強度が中程度のアウトドアにむきます。

GORE-TEX ACTIVEプロダクト 

撥水加工した表地と薄い裏地を薄いメンブレンと貼りあわせ、透湿性に優れたアクティブなシーンに対応するのが、このカテゴリーになります。 

例えば、冷涼な気候で、天気と雨を繰り返すような中で使用するのに最適です。目安は、1日で完結するアクティブな活動です。

 

GORE-TEX PROプロダクト (3層)
撥水加工した生地に、多層構造のメンブレンを使用し、強固な裏地を付けた、豪雨・雪。氷の環境下でも使用できる高強度を求めるシーンに対応するのが、このカテゴリーになります。
目安は、数日から数週間にわたるハードな環境にむきます。

※GORE-TEX プロダクト with パックライト® テクノロジーに使用されているのは、メンブレンに直接加工を施した素材でいわゆる世間でよく言われる2.5層の事を意味します)

 

これで大まかな素材の特性や分類が分かりました。
さて、このような特性をふまえ、スペインの気候や歩き方を想定し、多くのGORE-TEX製品の中からジャケットを選びます。
悩みながらも僕が選んだのは、「Foxfire ミズリープジャケット」です。

Foxfire ミズリープジャケット
https://www.foxfire.jp/onlinestore/groups/2431

ミズリープジャケットは、メンブレンに直接加工を施した、GORE-TEX PACLITE® プロダクトテクノロジーを使用しています。
軽量・コンパクトで、メンブレンに直接保護層を設け裏地にしているので、透湿性が抜群で汗っかきの私にはぴったりの素材です。
また、3日間の歩行がメインでしたので、耐久性より身に着けた軽快さ(軽さ)や着やすさで選びました。

2013年から毎回トレイルを歩く時にお世話になっている、Foxfireの菅野さんにアドバイスを頂きセレクトしました。アイアンブルー、素敵な色ですよね!
Foxfireさんのウエアはプライベートでも着ているので安心です。
さてSNTIAGO DE COMPOSTELEAの旅を歩くために僕はどんなメーカのどんなブーツを選んだのでしょう?

 

つづく

プロフィール

 

 

 

【Profile】斉藤正史 

山形県在住
LONG TRAIL HIKER
NPO法人山形ロングトレイル理事
トレイルカルチャー普及のため国内外のトレイルを歩き、山形にトレイルを作る活動を行う。

ブログ http://longtrailhikermasa.blog.fc2.com/
山形ロングトレイル https://www.facebook.com/yamagatalongtrail

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事