2018.05.30

大地とメコン川の恵み。ルアンパバーンの朝市散策

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

ラオスの旅4

ルアンパバーンの街では、早朝の托鉢が一段落する頃、ルアンパバーン国立博物館の東側のあたりの路地で、朝市が始まります。托鉢の見学から宿に戻る途中に立ち寄って、しばらくぶらぶらと散策してみました。

朝市では、ラオスの人々の食卓には欠かせない米や野菜などの食材が、ところ狭しと景気よく並べられています。売るのも買うのも、女性がほとんど。僧侶以外の男性たちは……まだ寝てるんでしょうか(笑)

色とりどりの新鮮な野菜と香草、東南アジアの食には欠かせないトウガラシ。タケノコはラオスでもよく食べられているようですね。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket