スイス・ツェルマットのアウトドアには、 でっかい自由がある | BE-PAL

スイス・ツェルマットのアウトドアには、 でっかい自由がある

2015.08.23

スイス・ツェルマットでアウトドア三昧な日々を過ごした転覆隊隊長、そのスケールの大きさに深く感動したようだ。

マウンテンバイク編・マウンテンバイクの持ち運びOK
ツェルマット
列車の中にガウン掛けがあるのかと思ったらマウンテンバイク掛けだった。廃線になりそうな日本のローカル線にもこのスタイルを採用すれば、利用者はどんどん増えるんじゃないだろうか。

ツェルマットケーブルカーもゴンドラもどこにだってマウンテンバイクを持ち込める。ツェルマットはマウンテンバイク天国だ。男も女も老人も子供もビジネスマンも当たり前にマウンテンバイクでやって来る。

ケーブルカーを降りたら、すぐ絶景!
ツェルマット
ツェルマット
ケーブルカーを降りればいきなり絶景ポイントが広がっている。ここから一気に高度差1000メートルを下り降りることができるのだ。ペダルを漕がずに乗ってるだけでも、景色はびゅんびゅん飛び去って風を切る新幹線になることができる。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。