純白の雷鳥、そしてデナリ。冬のアラスカに別れを告げて | BE-PAL - Part 2

純白の雷鳥、そしてデナリ。冬のアラスカに別れを告げて

2018.04.04

ベアー・ポイントの頂上にて。「ここは大好きな場所なんだ」とジョー。周囲は360度、見渡すかぎりの雪と氷の世界。冷え冷えとした風だけが、耳元で音を立てていました。

北米大陸の最高峰、標高6194メートルの山、デナリ。先住民族の言葉で「偉大なるもの」という意味の名を持つ山です。普段は雲に覆われて見えないことが多いのですが、3日目の夕方になって、ようやくその全容を目にすることができました。手前にある建物が、カリブー・ロッジです。

翌日の昼、タルキートナから迎えにきてくれたヘリコプターに乗り、僕はカリブー・ロッジを後にしました。眼下には再び、広大な冬のアラスカの風景が広がっているのが見えました。

タルキートナの町で腹ごしらえをし、ビールを2杯ほど飲んでいるうちに、アンカレジへと向かうアラスカ鉄道のオーロラ・ウインター・トレインが駅に到着しました。わずかな日数の滞在でしたが、念願の冬に訪れたアラスカの原野での日々は、忘れられない記憶となりました。

◎文/写真=山本高樹 Takaki Yamamoto
著述家・編集者・写真家。インド北部のラダック地方の取材がライフワーク。著書に『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]』(雷鳥社)など。2018年3月22日(木)に新刊『ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]』を発売。
http://ymtk.jp/ladakh/

class="post-page-numbers">前のページへ12
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。