[山本高樹のノルウェー・トロムソ取材レポート Vol.2] | BE-PAL

[山本高樹のノルウェー・トロムソ取材レポート Vol.2]

2015.07.17

北極圏の雪原で、犬ぞりに乗ってみた!

トロムソ

冬のトロムソで楽しめるアウトドアアクティビティの中で、僕がまず気になったのが、犬ぞりです。かつて、極地で暮らしてきた人々にとって欠かせない移動手段の一つだった犬ぞりは、どんな乗り心地の乗り物なのでしょうか。カメラを手に、実際に犬ぞりに乗せてもらうことにしました。

トロムソ

トロムソで犬ぞり体験のアクティビティを提供しているのは、市街から車で約25分ほどの郊外にある、トロムソ・ヴィルマルクセンター。1990年にオープンしたこの施設では、毎年11月から3月頃まで、犬ぞりに乗ることができます。申し込みはトロムソ市街にあるツーリストインフォメーションのほか、Webサイトでも受け付けているそうです。犬ぞり体験プランの料金は、約1時間で1690クローネ(約2万6500円)。走行中は風が非常に冷たいので、受付で防寒着(上下つなぎのダウンウェアやスノーブーツなど)を借りることもできます。簡単なレッスンを受ければ、希望者は自分で犬ぞりの操縦もさせてもらえるそうです。

トロムソ・ヴィルマルクセンター(Tromso Villmarkssenter)
http://villmarkssenter.no/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。