今話題のSUPとは?意味と遊び方、安全な楽しみ方をチェック! | BE-PAL

今話題のSUPとは?意味と遊び方、安全な楽しみ方をチェック!

2021.08.28

数あるマリンスポーツの中でも、近年注目を集めているのが『SUP』です。さまざまなレジャーと組み合わせて遊べるため、マリンスポーツ好きだけでなく幅広い世代に楽しまれています。SUPの意味や遊び方、安全上の注意点や適切な服装も紹介します。

「SUP」って知ってる?

(出典) photo-ac.com

『SUP(サップ)』は、トレンドの変わりやすいマリンスポーツの中でも、近年特に注目されているアクティビティの一つです。これからSUPにチャレンジしたい人は、SUPの意味や概要を知っておきましょう。

SUPの意味とルーツ

SUPとは『Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)』の略称です。その名の通りボードの上に立ち、パドルをこいで水上を進みます。

SUPのルーツは、1960年代のハワイのサーファーたちです。彼らはサーフィンレクチャーの際、ロングボードの上に乗りパドル使って教えたといわれます。このスタイルは『ビーチボーイサーフィン』として定着し、ハワイアンサーファーたちの定番の一つとなりました。

なお『ボード+パドル』のスタイルが全世界に広まったのは、ハワイのサーフィン大会がきっかけです。ボードとパドルを持って波に乗る有名サーファーの姿が配信され、SUPに興味を持つ人が急増しました。

水上で楽しむアクティビティ

『水上でボードの上に立ってパドルをこぐ』と聞くと大変そうに思えますが、SUPはサーフィンやカヤックほどハードルが高くありません。高い浮力のあるボードを使うので、初心者でも沈まずに乗りこなせるでしょう。

SUPに必要なのは、パドルとボード、さらにはボードと使用者をつなぐ『リーシュコード』です。専用のボードはサーフィンのそれと似ていますが、より厚み・長さがあり安定感が高く乗りやすくなっています。

マリンスポーツとしては比較的難易度の低いSUPは、幅広い年代で楽しむことができます。バランス感覚を養えるアクティビティなので、体幹を鍛えたい人には特におすすめです。

変幻自在の楽しみ方を知る!

関連記事:初心者にもオススメ!自然との一体感が味わえるSUPの魅力と始め方

SUPのボードは安定しており、操縦に高度なスキルは必要ありません。アクティビティのバリエーションはさまざまあり、自分の興味に合わせて楽しめます。

SUPによってどのようなことができるのか、主なものを見ていきましょう。

水上散歩「クルージング」

SUPの最もオーソドックスな楽しみ方は、ボードの上でパドルをこぐ『クルージング』です。

水面の上をスイスイ進めば、水上を散歩している気分を味わえます。のんびり風景を楽しみたい場合は、座ってパドルをこぐのもおすすめです。

またSUPのボードは、小回りが利くのも魅力です。

操縦に慣れてくれば、狭い場所も難なく進めます。木や岩などの障害物を避けながらの探検クルージングも可能で、カヌーやカヤックとはまた違った楽しみが見つかるでしょう。

慣れてきたら「ヨガ」

ボードの上に慣れてきたら、水上でのヨガにチャレンジするのもおすすめです。室内で行なうヨガよりも開放感があって、よりリラックスできます。

ゆらゆら揺れる水上でのSUPヨガは、地上でのヨガよりもバランス力や筋力が必要です。難易度は高くなりますが、その分達成感を得やすくなります。

もちろんポーズの難易度が高いときは、ボードから落下することがあるかもしれません。

しかし、それもSUPヨガの醍醐味の一つです。大笑いしたり叫んだりすることも、日頃のストレス解消につながるでしょう。

釣り好きさんに「SUPフィッシング」

マリンスポーツとは無縁な人にも人気なのが、ボードの上で釣りを楽しむ『SUPフィッシング』です。好きな場所でのんびり釣り糸を垂らせば、船上とは一味違った釣りを楽しめます。

SUPフィッシングの特徴は、釣りポイントを自由自在に移動できる点です。ボートよりも小回りが利くため、狙った場所にピンポイントにアクセスできます。

『エンジン音がしない分、魚からも警戒されにくい』『船が入れない浅瀬も行ける』などのメリットもあり、釣り好きには最高のアクティビティとなるでしょう。

キャンプでSUPを楽しむ際の注意点

関連記事:カヌーやSUPが楽しめる!おすすめキャンプ場5選

海・川・湖のそばにテントを張ってSUPを楽しむ人も増えています。安心・安全に取り組めるよう、注意点はしっかりと守りましょう。

キャンプでSUPを楽しむ際、必ず確認したいポイントを紹介します。

エリアでの使用OKかきちんと確認を取る

大きなボードを使用するSUPは、どこでも使用が認められているわけではありません。キャンプでSUPを楽しむつもりなら、予定の場所で『SUPが可能かどうか』を確認しましょう。

海水浴客がよく訪れるような場所では、SUPが認められていなかったり場所が制限されたりしている場合があります。また、はっきりNGとされていないところでも、ローカルルールでSUPをNGとするところも少なくありません。

近年はルールを守らずSUPをする人もいて、漁業関係者や地元サーファーから苦情がくるケースが増えているようです。SUPを楽しむ場合は、周囲の人に迷惑を掛けないよう適切に配慮しましょう。

ライフジャケットの着用は必須

SUPを行なうときは、ライフジャケットの着用が必須です。

ボードの安定感が高いとはいえ、「泳げるから大丈夫」「浅瀬しか行かないから大丈夫」などと過信してはいけません。思いがけないタイミングで落ちると、泳ぎが達者な人もパニックになって溺れることがあります。ライフジャケットは、いざというときの命綱と心得ましょう。

ライフジャケットはベスト型・ポーチ型などがありますが、おすすめは『フローティングベスト』です。浮力が非常に高いため、水に落ちたとき確実に浮けます。

なおライフジャケットは、大人だけでなく子ども用・犬用などとさまざまなタイプがあります。ボードに乗る全ての人は、必ず自分の体型に合ったものを着用しましょう。

リスク管理をしっかりと

SUPは自然でのアクティビティのため、予期せぬ事態に遭遇する可能性は十分にあります。常に「かもしれない」を想定し、もしものときに取るべき行動を考えておきましょう。

例えば、SUP中のリスクとしては以下のようなものがあります。

  • 沖に流される
  • 向かい風で帰れなくなる
  • 天候が急変する

SUPで常にチェックしたいのは、潮流や風の向きです。潮の流れが速かったり風が沖に向かって吹いていたりすると、岸に帰れなくなることがあります。異変を察知した場合は、すぐにSUPを中止しましょう。

また、山や海で突然天候が変わることは少なくありません。天候が急変したら様子を見るのではなく、すぐに水から上がるようにしましょう。潮の流れが速くなったり川の水が増水したりする恐れがあります。

参考:SUP(スタンドアップパドルボード)の安全情報| ウォーターセーフティガイド

SUPを行なう際の服装は?

関連記事:親子で水遊び〜定番から新製品まで 話題のアイテム!11選〜

SUPを安全に楽しむには、服装を整えることも大切です。初心者は安全第一でアイテムをそろえ、不安を解消しておきましょう。

SUPを行なうとき、おすすめの服装や小物を紹介します。

基本的なアイテム

SUPをするときは、ぬれてもよい服装が基本です。夏なら水着のみでもOKですが、炎天下だと日焼けが気になります。ラッシュガードまたは速乾の長袖・あごひも付きの帽子などがあるとよいでしょう。

また、ウエットスーツを着用すれば、気温・水温が低くてもSUPを楽しむことが可能です。

まれに、ジーンズやパーカーなどの普段着でSUPを行なう人がいますが、綿の衣類はマリンスポーツには不向きです。水に落ちたときに水を吸って重くなり、体の自由が利かなくなります。

足元は裸足でもよいですが、水底が石や珊瑚だと落ちたときにケガをする可能性があります。川や珊瑚の海でSUPを行なう場合は、ウォーターシューズを着用しておくとよいでしょう。

あったら便利なものもチェック

あると便利なものとして、以下のものもおすすめです。

  • 日焼け止めアイテム
  • 防水バッグ
  • 防水スマホケース
  • 水中カメラ
  • 水筒
  • タオルなど

SUPは屋外アクティビティのため、肌の露出している部分は日焼け止めを塗って保護しましょう。サングラス・日焼け止めリップなども持参して、紫外線カットに努めるのがおすすめです。

また防水バッグがあると、貴重品を入れておけます。邪魔にならないサイズの防水バッグを持参するとよいでしょう。スマホは別途防水のケースに入れておけば、助けを呼ぶ必要があるときにすぐに使えます。

その他、水中の風景を撮るための水中カメラや、水分補給の水筒・汗拭き用のタオルなども持参しておきたいところです。

まとめ

SUPの概要や意味を知って、「やってみたくなった」という人も多いのではないでしょうか。SUPは幅広い年代の人が楽しく取り組めるマリンスポーツです。クルージング・ヨガ・釣りなどから、興味のあるアクティビティにチャレンジしてみましょう。

ただし、SUPを安易に考え過ぎると、大きな事故につながるかもしれません。事前の天候チェック・コンディションチェックはしっかり行ない、必要なアイテムもきちんとそろえておくのがベターです。

中でもライフジャケットは、命を守る大切な装備です。きちんと着用し、安全に楽しみましょう。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着ユーザー投稿記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着ユーザー投稿写真

『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。