この秋は、フェスをタダで楽しもう! 入場無料のフリーフェスが熱いぞ。

2015.10.12

Photo by.TOYOTA ROCK FESTIVAL

Photo by.TOYOTA ROCK FESTIVAL

自然のなかで音楽やキャンプを楽しむフェス。もはや細かい説明など必要がないほどに、野外フェスは全国各地で数多く開催されています。でも、まだまだ「フェスってどんな感じなの?」と、二の足を踏んでいる人もたくさんいることでしょう。そこで、気軽に入場できるフリーフェスをご紹介、その魅力に迫りたいと思います。

魅力1 入場がタダ!でも、出演はプロのミュージシャン!
最大の魅力は、入場券を買う必要がないということです。思い立ったら、会場に足を運ぶだけでOK。飲食やクラフト系のショップ、ワークショップなどの出展ブースも多くあり、一日中エンジョイできます。そして、なんといってもプロのミュージシャンたちのステージを間近で楽しむことができるのは、大きなポイントです。フリーだからといって、アマチュアの演奏発表会ではないのです!

トヨタロック

Photo by.earth garden

魅力2 アクセスが抜群に良し!街からすぐ近くで開催
野外フェスといわれる多くのイベントは、山間部やキャンプ場といった、都会から離れた場所で行われるのがほとんどです。アクセスに時間もお金も結構かかりますね。でもフリーフェスの多くは、比較的、街に近い公園などで開催されることが多いです。買い物のついでに、通りすがりに、ふらっと立ち寄れる距離感にあります。あまりアウトドアに慣れていない人でも、お散歩の延長で行けます!

トヨタロック

トヨタロックフェスティバル

魅力3 食べる、聞く、見る…五感をフル稼働
フェスの楽しみのひとつに出展ブースがあります。お祭りでいうところの出店に匹敵するものですが、とてもバラエティに富んでいます。飲食は、食材にこだわったオーガニックフードや、国際色・地域色豊かなメニューの数々、お酒の販売もあります。物販は、衣類や小物など多種多様で、上質なハンドクラフトに出会えることもあります。そして、参加型のワークショップといった盛りだくさんの内容です!

トヨタロック

Photo by.earth garden

魅力4 お子さんからお年寄りまで、のんびり誰もが楽しめる
会場は、大きな公園や広場といった緑が多く、ひらけたロケーションであることが多いです。歩き疲れたら、腰を下ろしたり、寝っ転がったりしてのんびりと体を休めることができます。ちょっとしたピクニック気分も味わえてしまう、というわけです。お弁当持参で来場するのもいいかもしれませんね。もちろん、飲食出展は充実していますから、手ぶらでも現地調達可能です!

トヨタロック

トヨタロックフェスティバル

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ニュース・イベント告知 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』