村上光太郎教授がレクチャー!「薬草」辞典【第2回】 | BE-PAL

村上光太郎教授がレクチャー!「薬草」辞典【第2回】

2017.07.11

熊本の崇城大学特任教授の村上光太郎さんは、2万8000㎡の薬草園で国内外から集めた薬草を管理・研究している。薬草博士に、薬草の効能について教えてもらいました。

【下痢・便秘・口内炎】ゲンノショウコ

由来は「現の証拠」。異名にはタチマチグサ、イシャイラズなども。煎じたものを薄めて飲めば便秘に、濃いものは下痢に効く。毒のあるトリカブトに似ているので、採集には注意が必要。

 

【利尿・皮膚病】チャノキ

お茶の原料。里山や民家の近くで野生化したものが見られる。カテキン、アミノ酸、カフェイン、マグネシウム、亜鉛、ビタミンCなどを豊富に含むため、その薬効は多岐にわたる。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿写真

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。