コーヒーの味を決める「煎り」と「挽き」を正しく理解していますか?

2017.05.29

2つの基本「煎り」と「挽き」を理解して自分好みのコーヒーを!

アウトドアでも美味しいコーヒーを淹れようと試行錯誤しているみなさんに質問です。

コーヒーの味を決める「煎り」と「挽き」について正しく理解していますか?

この2つの基本を理解していなければ、どんなにいいマシンを使おうとも、どんなにドリップを頑張っても自分好みのコーヒーは淹れられません。

スペシャリティコーヒーショップ「ザ・ファイブ・ビーンズ」店主の森嵜健さんに解説してもらいました。

苦味を楽しむなら深煎り、豆の成分を楽しむなら浅煎り

「深煎りのほうが苦みは強くなるのですが、コーヒー豆が本来持っているカフェインなどの成分は、浅煎りのほうが多く残っています」と森嵜さん。

●深煎り(画像左)ハイローストとも。苦みが出せるので、カフェオレなどに。胃にもやさしい。
●中煎り(画像左)ミディアムローストとも。苦み、酸味、香りのバランスを楽しむ。ドリップで。
●浅煎り(画像右)ライトローストとも。成分が強い。飲みなれない人は夜はさける。休憩時などに。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿写真

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事