【移住&ワイン作り】北海道・余市発。ワイナリーを始める若手ご夫婦、増えてます! | BE-PAL

【移住&ワイン作り】北海道・余市発。ワイナリーを始める若手ご夫婦、増えてます!

2016.11.13

木原日本ワインの産地として、今注目されているのが北海道の余市町。果樹栽培の盛んなこの町はワイン特区認定を受けたこともあり、都市部から移住してワイナリーづくりを目指す挑戦者も多い。

自然に根ざした暮らしを学ぶことができる余市エコカレッジでも、連続講座の中に、ブドウの栽培とワインの仕込みを学べる回を取り入れている。

「食べ物と暮らしを手づくりしようという一環でワインづくりを取り上げたところ、参加者からは身近に感じられたという感想もあって好評でした」(代表の坂本純科さん)

『余市エコカレッジ』の坂本純科さん。果樹 園と畑の隣に建てられた研修棟の前で。ワイ ンブドウの栽培管理やエコ建築などの実習を 年間講座で体験することができる。

『余市エコカレッジ』の坂本純科さん。果樹園と畑の隣に建てられた研修棟の前で。ワインブドウの栽培管理やエコ建築などの実習を年間講座で体験することができる。

Bpal_sap_01_19

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 田舎暮らし 』新着ユーザー投稿記事

『 田舎暮らし 』新着ユーザー投稿写真

『 田舎暮らし 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。