収穫まであと少し!冬野菜の中でも育てやすい芽キャベツのメンテナンス方法 | BE-PAL

収穫まであと少し!冬野菜の中でも育てやすい芽キャベツのメンテナンス方法

2020.11.25

私が書きました!
未来農場CropFarm代表
宮原 悠
家族が楽しめる体験農園のプロデュースを生業とし、かたわら発酵クリエイターとして味噌作りなどの食農イベントも多数開催。自然力の鍛錬をモットーとし、農業を主軸に狩猟、釣りなどオールラウンドに自然を楽しむ。https://www.facebook.com/cropfarm.jp/

朝晩の冷え込みがきつくなってきて、冬野菜たちも成長速度が落ちてきました。今秋植えた芽キャベツも茎ブロッコリーも、植えてしまえばそのままでも育つのですが、今回は小さなプランターの中でしっかり収穫するためのメンテナンスをご紹介します。

冬は気温と水やりに注意

防虫ネットを外してみると立派に育っています。しかし急に暖かくなり水切れ気味に…。

前回の記事では、苗の成長に水の遣り過ぎは禁物と書きました。水をあげすぎると根の張りが悪くなるためです。しかし、植え付け時の3倍ほどに成長したら根もしっかりと伸びているので、今度はたっぷりと水をあげるように変更します。

特に冬の時期は、日中の気温のバラつきが大きく、週に1回程度の水やり頻度が基本ですが、急に暖かくなり水切れをすることがあります。天気予報をしっかりチェックして日中の気温が上がる日は、水をしっかりとあげましょう。もちろん追肥も忘れずに!

芽キャベツの「下葉かき」をしよう

葉の根元に芽ができ始めているので、その外側でカットします。

芽キャベツの苗は、しゃもじ型の葉の付け根に結球した芽をつけます。そのままでも芽キャベツはできますが、上の葉を10枚以上残して、下半分をの葉を根元からカットしましょう。その際、結球し始めた芽を取ってしまわないように注意してください。

芽キャベツは下葉を切ってあげることで、芽の成長速度が上がります。切った葉の根元に芽がついてるのがお分かりでしょうか。これが全部芽キャベツになりますので、しっかりメンテをしたらまた防虫ネットをかけておきましょう。

茎ブロッコリーはというと…

頭頂部を上から覗くと花蕾が見えました。

茎ブロッコリーの様子をチェックしてみましょう。横から見た感じでは変化はありませんが、上から覗くと花蕾(からい)ができています。

普通のブロッコリーだと、これが成長して可食部になるのですが、茎ブロッコリーはちょっと違います。この中心の花蕾を摘んでしまうことで、周りから生えてくる脇芽を食べるんです。

と、今回はまだ少し取るには早いのでこのまま! 次回は茎ブロッコリーの摘心と収穫をします。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 農業・ガーデニング 』新着ユーザー投稿記事

『 農業・ガーデニング 』新着ユーザー投稿写真

『 農業・ガーデニング 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。