お手頃価格で設営も簡単!ロゴスの大人気「ティピーテント」がタープとセットになって登場

2020.04.13

ティピーテントは設営簡単で、ちょうどいいサイズ感

インナーサイズはW330×D280で、家族最大6人まで対応可能。

LOGOS(ロゴス)のワンポールテントTepee(ティピー)に、アースカラーのテントとタープのセットが発売。今まではロゴスのティピーといえば、先住民をイメージするようなナバホ柄だったが、今回はシンプルなカラー&デザインで登場。少人数でゆったりと使えば、おしゃれなプチグランピングサイトも演出できそうだ。

この新モデル「Trad Tepeeタープ350-BJ」のテントは六角形のワンポールテントで、既存のティピーテントの中間サイズ(横350×奥行き300×高さ180cm)にあたる。家族最大6人まで使用可能なので、幼児を含む3〜4人家族などはゆったりと使用することができそうだ。

テントの入り口は、前後でデザインが異なる。

ワンポールテントは構造がシンプルなので、設営は初心者でも分かりやすい。ハンマーを使い、ペグでテントを地面に固定する箇所は、足元12本+ロープの固定で6本の計18箇所。高さも180cmとコンパクトなので、女性でも簡単にテントを立ち上げることができる。

ポールにはランタンを吊り下げるフックもを装備。

インナーテント上部はメッシュになっており、ベンチレーターで通気性を確保。大きく開口する前後のドアを開ければ、風通しは抜群だ。

2段階に高さ調節可能なタープは、ティピーとの連結も簡単

丸い部分をテント上部に差し込み、ロープで地面に固定する。

セットで入っているタープは、ティピーテントと一緒に使うことを想定して作られているので、テントの上部にタープを差し込むだけで簡単に連結が可能。付属のポールは5節に分かれており、高さは最大で260cm。1節抜くことで、タープの高さを2段階に調節できる設計となっている。

1節分低くすると、約50cm低くなる。

タープからテントに向かって、適度に傾斜がつくように設計されているので、耐風性も良好。ポールを短くして使用すれば、より風の抵抗を減らすことができ、雨天時の雨の吹き込みも軽減できる。

写真では90-230cmまで調節できるシステムロックポールを使用。

もちろん、タープを単体で利用することも可能だ。その場合には、片側がテントと同程度の高さになるよう、180200cm程度のポールを準備しておくときれいに張れるそうだ。

セットで¥45,400+税のお手頃価格

セットで使えば、ゆったりとしたリビングも確保できる(ファニチャーは別売り)。

今回の商品は、シンプルでギアとの相性も抜群なテントと大型タープのセットなのに、5万円以下のお得価格に設定されている。これからキャンプデビューする方にも、オススメしやすい商品。

テントの収納袋。

「Trad Tepeeタープ350-BJ」は、総重量が9.2kg。テント・タープそれぞれに収納袋が付属しており、別々に使用したい時にも便利なように考えられている。

別売りのマット使用で、さらに快適に!

ティピー専用のインナーマットとグランドシートをセットで販売。

ワンポールテントの難しいところは、インナーマットなどの敷き方・選び方だが、ティピー350専用のマットを敷けば、テントの端まで広く快適に使用することができる。

ティピー350専用のマットは¥15,000+税で、今ならセット価格で販売しているところもあるようなので、チェックしてみてほしい。2〜3人で使用すれば、広々とちょっぴりグランピング感のあるコーディネートも楽しめそうなこのモデル。この春、要チェックの商品だ。

製品情報

価格:¥45,400+税
総重量(約):9.2kg
テントサイズ(約):W350×D300×H180cm
タープサイズ(約):W570×D440×H260cm
収納サイズ(約):W67×D23×H23cm

詳しい商品の情報はこちら
https://www.logos.ne.jp/products/info/4528

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テント 』新着ユーザー投稿記事

『 テント 』新着ユーザー投稿写真

『 テント 』新着編集部記事

おすすめ記事